希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「日報」問題の責任は誰に

<<   作成日時 : 2017/03/18 21:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

「『日報』問題の責任は誰に」

 南スーダン共和国ミッション(UNMISS)に派遣されている陸上自衛隊南スーダン派遣施設隊が昨年7月に作成した日報をめぐり、これまで「廃棄した」としていた電子データが陸上自衛隊に保管されていた問題で、統合幕僚監部の「背広組」幹部が保管の事実を非公表とするよう指示していたという。また、保管の事実を岡部俊哉陸上幕僚長も把握していたとのことだ。17日付日本経済新聞電子版は次のように報じている。
 [統幕幹部が非公表指示 日報、陸幕長も保管把握
 南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報を廃棄したと説明しながら、陸上自衛隊が保管していた問題で、陸自トップの岡部俊哉幕僚長に保管の事実が報告されていたことが分かった。陸自は一時、公表することを検討したが、統合幕僚監部の幹部が保管の事実を非公表とするよう指示していたという。複数の政府関係者が16日、明らかにした。
 稲田朋美防衛相は特別防衛監察で幕引きを狙うが、野党側は組織ぐるみの隠蔽とみて、辞任要求を強める構え。防衛省や自衛隊幹部の責任論も浮上しそうだ。岡部氏は16日の記者会見で「私も監察を受ける立場だ。コメントを控える」と関与について明言を避けた。
 問題となっているのは昨年7月に南スーダンに派遣した陸自部隊が作成した日報。現地情勢について「戦闘」などの言葉が使われていた。
 昨年12月2日、防衛省は情報公開請求に対し、陸自が日報を廃棄したとして「不開示」を決定。その後、防衛相が再調査を指示し、統幕に日報の電子データがあることが分かった。この再調査で陸自にもデータが残っていることが実際には判明していたものの、2月7日の調査結果の公表時には明らかにしなかった。
 政府関係者によると、当初、1月時点で陸自内でこのデータを公表する調整が進んだが、統幕幹部が「これまでの説明と整合性がとれない」と公表見送りの方針を伝えた。データ消去も命じた。防衛省はその後も日報について「陸自に残っていない」と主張。防衛省関係者は「隠蔽と言われても仕方ない」と話す。 (後略)]
画像

 2月11日付の当ブログで、貴重なPKO活動の記録を廃棄する陸自の姿勢は問題だ、と書いたが、本当はデータを保管していたのだ。そうだろう。貴重な記録を廃棄するわけない。この点は納得したが、隠蔽はいただけない。「背広組」幹部から指示されたからといって、唯々諾々と従ったのは、制服組にも事勿れ体質が染み付いている所為だろう。
 非公表を指示したとされる「統幕幹部」について、17日付産経新聞の「統幕幹部が非公表指示」と題した記事によると、「防衛省統合幕僚監部の『背広組』といわれる幹部が保管の事実を非公表とするよう指示していた」という。
 両紙とも、「統幕幹部」の名前は明らかにしていないが、統幕の「背広組」幹部といえば、まず、総括官の辰己昌良氏(上写真)が浮かぶ。次に参事官の吉田正法氏がいる。陸上自衛隊に非公表を指示したのはこの二人のいずれかとみて間違いないだろう。
 政府高官は「やったやつらに責任を取らせる」(17日付産経新聞)と、言っているそうだから、指示した者は更迭されることになるだろう。
画像

 また、岡部俊哉陸上幕僚長(上写真)が保管の事実を知っていたとなれば、その責任は免れないとみられる。そうなると、次期統合幕僚長人事に影響が及ぶのではないだろうか。
 今夏に河野克俊統幕長が勇退し、岡部陸幕長がその後任となることが有力視されていたが、隠蔽の責任を取らされて早期退職に追い込まれる可能性が出てきた。仮にそうなれば、次期統幕長には杉山良行航空幕僚長が抜擢されることになると思われる。
 もとより、稲田朋美防衛相の監督責任も厳しく問われるべきだ。安倍晋三首相は、稲田氏を守る意向のようだが、稲田氏は防衛省内を掌握仕切れていないとみられている。これを奇貨として防衛大臣を交代させるべきだろう。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
「統幕の「背広組」幹部」、ほかでも指摘されていましたね。岡部さんは気の毒です。そもそも有事前提の行政・書類処理のルールがなく、平時の論理・政治がどうどうと有事サイドまでまかり通っているのが背景でしょう。大戦時の戦闘詳報は、防衛研究所にちゃんと保存されていますもんね。

海外派遣時の診療録もひどいことになっています。厚生省できめた、5年、ないし10年で廃棄、がそのまま適用。あちこちで残していた診療録も各病院で保存していたものまで一斉に廃棄されたのが10年近く前、理由は、「個人情報の漏洩防止」、でした。残っているのは参加した篤志家の医官の手元にある少数のみ、です。

診療録の廃棄により、遅れて発症する風土病について、立証する手段がなくなりました。また、1993年のカンボジアPKOでもすでに戦闘神経症はかなり出ておりましたが、これを研究したり後追い調査することも不可能になりました。

わかってやった病院長クラスは訴追されて当然だと思います。
threepinner
2017/03/21 15:43
それは、まずいですね。
診療録のきれいごと盾にした廃棄。
権力を持って、そういう官僚主義な体質を信賞必罰し、そういうことをやらせない、
それを「統制」と言います。
C3、コマンド作戦、コントロール統制、コミュニケーション通信と連携

これは、戦闘よりも後方管理なので、それこそ
それをやらせない、やったらコントロールして
そういうことをやらせない方向に統制する、
それこそ文民統制シビリアンコントロールでやる範ちゅうです。

作戦を指揮するのが文民統制シビリアンコントロールではありません。
むしろ、そっち、
きれいごと盾に診療録廃棄して責任末梢
それこそ重大問題で、大臣の責任も免れるところは無いです。

ヒトラーゲーリングの世界に近付くこと、
シロートが作戦指揮することが文民統制ではありません。
また、文民統制自体、実は、独裁の危険をはらんでいます。

軍には、制限された自律性も必要です。
戦闘詳報保存などはまさにそれ、で、
それは軍人の仕事です。
変な介入を統制必罰するのが文民統制です。
診療録保存も同様。
軍人司令官と軍医の仕事で、
茶坊主が破棄を指示して良いわけがありません。
統制
2017/03/22 18:09
なので、戦闘詳報も戦闘も当然、適切です。
治安部隊兼用の建設部隊です。
集団で投石すれば投石兵です。これは誇張じゃ無いです。投石で無く武装してるのか俺は知りませんが。
グレーなので、むしろ接近しやすく脅威です。

戦闘の損害は、むしろ、疫病と近年は戦場精神病の方が、損害は歴史的には多く出て来ました。

個人情報保護が優先するなら、日報のコトバの使いが優先されるなら、
そもそも派遣はされるべきではありません。
自衛隊の存在意義にさえ、抵触冒涜する事態だとも言えます。データを元に損害を減らすべく活動する
日常の戦争なのです。
実質は植民地紛争
2017/03/22 18:55
これは、歴史的には、常に戦場直接損害同等以上出てます。

これはサヨクがらみ謀略の政治スキャンダルの
25倍くらい重大な事態で、
そこの部分、データ保存と対策のかるちゃーは、
万難を排して維持すべきで、それこそが戦闘文化、
国家生存、民族繁栄、家内安全であって、
茶坊主とバカ国会の策動を封じ、
別にバカ国会はそこで消耗戦をやるべきで、
そのために牛をコ○すような真似は絶対にすべきではありません。
ほんとに、隊員の人命が、ちまちまちまちまバカ国会偽善論争とは5桁くらい違って来る重大なハナシなんですね。
特に疫病と医療記録。
医者だから偉くて階級高いんじゃないんです。
ダイレクトに軍の生存と勝敗に関わるから階級高いんですね。
それ、いろはのい、ちーちーぱっぱ、これ別に
文民でも理解できることです。

文民統制の意味を100%誤解してます。
戦場医療の意味では、ヒトラーさんのが100倍くらいまともだった可能性さえ、ありますね。マジ。
不勉強きわまりない上に、卑怯でもあります。

即刻クビで、次からはそこをおおいに建て直すことになります。
官僚でも、若手でココロある連中もいることは、
統計とネット的に観測できます。
そこに期待して、内なる敵との内部闘争から逃げてはなりません。それこそ文民統制だと思いますね。
疫病対策と戦場神経症
2017/03/22 18:57
>医者だから偉くて階級高いんじゃないんです。ダイレクトに軍の生存と勝敗に関わるから階級高いんですね。

これが最大のポイントだと思います。軍医がしっかりしないと国家が滅びるんだよ、という自覚を持ちえず実戦のない何十年が過ぎつつあります。自衛隊の各病院は保険医療機関化(民間開放)が永遠の目標になってしまいました。そんなに医官が民間医療に羨望をもつなら、すべて共済組合の傘下に入れれば良いでしょう。純粋に制服の衛生科ユニットとして残すのは陸海空とももっとコンパクトでいいでしょう。

軍での診療録は、おそらくどの国でも永久保存されていると思います。カンボジアPKOでオランダ軍の診療情報は母国にリアルタイムで送られ、国全体のデータベースに保存されていたようです。一般公衆衛生にとっても貴重なデータとなっているはずです。

米陸軍で保存されていないのは、南北戦争で北軍が病院ごと敗走して処分せざるを得なかった事例だけだ、との記載を見たことがあります。

太平洋戦争での日本軍については、勝戦の診療録は所々残っていて、陸自衛生学校尚古館に保存されています。玉砕した戦闘では現地で戦闘詳報などと一緒に処分されました。敵に見られれば、治療内容から衛生品目の生産地、補給経路、そして患者の後送経路が漏洩するからです。

こういう神聖なものであるべきものを、自分のポスト死守しか頭にない官僚たちが勝手なことをやっているのが、自衛隊だと言わざるを得ませんね。
threepinner
2017/03/23 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
「日報」問題の責任は誰に 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる