希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 解散は来秋か

<<   作成日時 : 2017/04/20 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

「解散は来秋か」

 政府の衆院選挙区画定審議会は19日、選挙区定数を「0増6減」して1票の格差を是正する区割り改定案を安倍晋三首相に勧告した。これにより19都道府県97選挙区の区割りが見直される。同時に比例代表の定数も180から176へと4減され、総定数は475から465になる。

 この勧告について、20日付産経新聞には以下の解説記事が出ていた。
 [自民に不利? 解散遠のく
 衆院選挙区の新たな区割り案の勧告は、衆院解散の時期を探る安倍晋三首相の判断にも大きな影響を与える。首相は新制度が運用されるタイミングや選挙区「0増6減」に伴う現有議席の減少を考慮し、年内の解散には消極的な立場に傾く可能性がある。
 「首相がいつでも解散に踏み切れるようにするのが大事だ」。自民党の二階俊博幹事長は19日の講演でこう強調した。ただ、17日の記者会見では「今のところ解散は念頭にない」とも述べ、早期解散を否定している。
 解散権は憲法で保障された首相の専権事項だ。とはいえ、今回の勧告が、衆院「1票の格差」の違憲状態を指摘した最高裁判決を受けたものなだけに、「新制度の施行前の解散は強い批判を浴びかねない」(自民党幹部)との声は強い。
 また、今回の勧告による選挙区見直しが自民党に不利に働くとみられることも、首相の解散戦略に影を落す。選挙区「0増6減」の該当県は自民党の議席占有率が高く、新選挙区での衆院選は現有議席の減少に直結するからだ。
 候補者調整も難航しており、首相にとって新制度の運用直後の衆院選は多くの危険を伴う。さらに7月2日には自民党の苦戦が予想される東京都議選の投開票が控える。
 首相は勧告前の3月の解散を見送った段階で、年内は解散しない意向を周囲に漏らしたという。
 今の衆院議員の任期は平成30年12月まで。同年9月には首相の任期満了に伴う自民党総裁選も行なわれる。30年度予算案の審議時期も考えると、解散は次の総裁選前後など限られたタイミングに絞られそうだ。
 来年後半の衆院解散は、首相の在任中に憲法改正発議ができるかどうかにもかかわる。
 仮に、首相が来年9月の自民党総裁選で3選しても、最大任期は33年9月まで。改憲案の発議には長期間の国会審議が必要とされるが、31年には参院選があり、通常国会の大幅延長は困難だ。さらに32年夏には東京五輪・パラリンピックが待っている。
 区割り審の勧告前に解散していれば選択肢が広がったのは確かだが、野党共闘により衆院で3分の2超の議席を減らす公算が大きかった。憲法改正を視野に、首相はいかなる解散戦略を描いているのか。  (水内茂幸)]
画像

 自民党の候補者調整が難航するというのはその通りだろう。調整には1年程度の期間が必要ではないかとみられており、それが済む前に安倍晋三首相が解散に打って出るのは、常識的には難しいと思われる。従って、記事にある通り、解散は来年9月の自民党総裁選前後になる可能性が高いのではないだろうか。
 一部新聞には、勧告に基づく公職選挙法の改正を済ませれば、安倍首相はいつでも解散できるようになるから解散は早まるとか、今国会の会期を大幅に延長して今国会中に解散するかも、などといった話が出ているが、候補者調整を終える前に解散して、党内が混乱することを首相は嫌うはずだ。

 敢えて解散のタイミングを予想するなら、来年9月の総裁選で安倍総裁が3選を決めた直後ではないだろうか。次の総裁選には、安倍総裁を含めて複数の候補者が立候補するとみられることから、激しい総裁選挙が繰り広げられると思われる。
 とは言え、よほどのことがない限り、安倍総裁の3選は揺るがないが、各候補者が日本中を飛び回り、街頭演説等で支持を訴えることになれば、各メディアは連日大きく報道するはずだ。野党は完全に蚊帳の外だ。総裁選の余韻が冷めぬうちに、解散総選挙を行なえば、自民党にとって選挙戦を有利に運ぶことができる可能性が高い。
 それに、総裁選後に衆院選を実施すれば、安倍総裁の任期中にもう一度総選挙を行なう必要はなくなる。このことも、安倍総裁の念頭にあるはずだ。
 一方、総裁選前、即ち、来年の通常国会の会期末に解散して万が一負けたら、安倍総裁の3選の夢が遠のく。そんな危険は冒さないだろう。

 ただ、7月の都議選で民進党が壊滅的な敗北を帰したら(その可能性が高いが)、蓮舫降しで民進党内が混乱することが予想される。ひょっとしたら安倍首相は、民進党がゴタゴタしている隙に解散に打って出ようと、考えているかもしれない。

 まあ、いずれのタイミングで解散しても与党が大きく負ける可能性は極めて低い。「0増6減」で自民党の議席が減る可能性は高いが、占有議席が減るとは限らない。離党者続出の民進党の体たらくを見ていると、むしろ増える可能性があるのではないか。

 他方、水内記者が述べている通り、次期衆院選で自民党が勝利し、改憲勢力で3分の2以上を確保したとしても、憲法改正の発議は難しいだろう。平成31年の参院選やその翌年のオリンピックが障碍になる可能性よりも、むしろ安倍首相にやる気があるのか疑わしいことが問題だ。
 安倍首相は、本当で憲法改正をやるつもりがあるのだろうか。そんな姿勢は全く見えないのだが・・・・。
 なにかと護憲勢力の標的になる安倍首相が改憲実現のために前面に出ると、できるものもできなくなる、との考えから、安倍首相は敢えて目立たないようにしているのかもしれないが、それならそれで、安倍首相に代わる大物を改憲の旗振り役に据えて、改憲発議に向けた運動を強力に推し進める必要があると思うが、その気配もない。これまた「改憲やるやる詐欺」ではないだろうか。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
そういうシナリオもありえます。

任期切れまで待つ。
一気、保守系2大政党にシフト

保守 自民党
アクティブ中道保守 維新小池連合

保守が2つに割れるのだが、
連合してあべ首相とかがありうる。
すなわち、あべ政治自体変質もありうる。
それはあべさんホンニンにもマイナスとも限らない。

中道保守側主導で、あべ時代後かもしれぬが、一気に、

A、憲法廃止。憲法の非文化

よく考えれば、文章が集団の平和性を教導し、
平和を達成するとか、非暴力平和主義だとしても
おかしい。現実には全体主義に近くなってしまう。
ニホンの場合、本質、平和的非文的民族なので、
非文化した方が内外共に安定する。

B、自然防衛費GDP2%に拡大安定
緊急時は別途一時増額。
厨狂がこの調子なら、近未来3%

C、核シェアを明確化。今でも非文明確ですが。
海洋連合であること、それへの積極参画の明確化。
NBC非拡散のための永遠の戦いの表明。
恐怖の均衡の否定と、永遠の戦いへのシフト参戦。

D、積極財政出動と世界比較主義による
札刷りバランス政策。比較安全なら札をたくさん刷る。
軍事含むインフラ整備により、バブル崩壊を
覚悟し、予定準備する現実政策。

これらを持って、南方勢力北方勢力大陸勢力の
将来の襲来に備える。
一気再構成
2017/04/21 04:16
釈迦ブッダの死 BC500くらい
ニンゲンが感じる1サイクル、
2毛作サイクルなら2サイクルとカウントし、
みたいな感じだと思う。
だいたい、ブッダの法の影響が切れる=末法
AD1050くらい

ニホンにおいては、そのくらいだと思う。

黒龍襲来が
クロフネ襲来>東京遷都
WW2米空母艦隊襲来>属州化米国実質世界首都化
ロサンゼルス条約、朝鮮戦争等戦後安定

これで明治元年か1945か1950けんとうだが、
潜水艦でわざわざ「こくりゅう」なんてのも出来てるので、完全に決定はできない。未来は常に未定だから。
正式に東京遷都宣言して無いのも気にかかる。
平安京成立も空海の帰還と本朝建立を持って完成と見ているし。

空海の帰還に当たるものが無い
クロフネでは黒龍と言うには役不足
天皇の遷都宣言が無い

むしろ1945と1951くらいが黒龍襲来、東遷都と言えるか?
黒龍=米艦隊来襲
敗戦
天皇ニンゲン宣言=都の喪失
実質属州化=帝国首都はワシントン
朝鮮戦争とロサンゼルス条約で状況安定固定
これが1951

1951+200= 2151
クハンダ襲来と帝国の7分離分裂
ワシントン、ニューヨーク壊滅 これは意味論未定で
2151+α

ノストラダムスサイクルだと
太平洋帝国の集合無意識でのニホンへの重心移動決定が
2242
これは予言で無く、選択実現可能な未来デザインとの意味

2151+あたり対戦説準備シナリオをメインで。
◎米加
+7
●ニホン●英●豪●NZ●台湾●シンガポール+●スリランカかサハリン洲かハワイ洲か琉球

で分散消耗戦多角戦連携反撃で。

クハンダ VS カンダルヴァ+フタンナ

こんな構図に持ち込む。
サイクルのカウント
2017/04/21 04:58
日英共同開発のスタート
あべ政権のうちにやった方がいいこと。
帝国全体の利益のためにも、
米国以外で独自生産できる反撃兵器体系が必要。
今のうちからやっといた方がいいよーん
クハンダだよーん

ニホンの固有文化独自文明興隆のための諸施策
これ大事なんだが、よくわかんないので
とりあえず

マンガ博物館復活

オトコドブス水島シンジの奥さんの大物漫画家が
主張してたので、そういう博学には従うべき。
副首相も主張してたので。
後から考えると、どーでもいいのを多額費用使って、
まともな少額企画はつぶしてる感あり。

伝統工芸の復活

ゼロ戦の復活

艦コレの立体化

などか?

兵站艦シリーズの決定版
ひりゅう3万t
F35B搭載、洋上給油6000t確保

こんなとこ?
ひりゅうの女神もリアル決定?
かこさまとか?
これで、女性天皇問題も解決。
やはり、巫女の方向が良いのかもしれない。
露骨だが、パワーは実際増しそうだ。
海戦もちょっと勝ちそう。

なんか当たりさわりの無い名目立てて、
実際には、艦隊の巫女をやっていただく。

ひりゅう=かこ=ひりゅう艦隊
ずいかく=まこ=ずいかく艦隊

130年後の決戦に備える。
ちょっと10%くらい戦力アップしそうな気がする。
Fゼロ・スピットファイア
2017/04/21 05:21
女ビヨンセ芸人=たこ?

4万t兵站艦 しなの=たこ?=たこ?艦隊

マジ、こういう方向には進んで欲しく無い。
芸人とか、ニホン古来の芸では無い。
だいたいキャラであって、ピン芸人にすぎないし。

空想の中だけに留めるべきだ。

一方、艦隊の巫女さまってのはなかなか面白いと思う。
実際、戦力アップする気がする。
サイコロ振っても、+1くらいの修正効果が出そうだ。

民間公募とかだと、単なるカレー祭りになってしまう。
意味論的な次元が違う。これは、はっきり断言しておく。
たこ?
2017/04/21 05:29
実際に艦隊に乗る、と言う意味では無い。
平時には、士官コスプレして訪問とかもして写真を撮らせていただく必要はあるが。

戦時には、内地から祈りを送っていただく。

もたもたしてると、巫女としての適齢期が過ぎてしまう。

残された時間は少ない。
祈りのパワー
2017/04/21 05:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
解散は来秋か 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる