希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世界の海軍2017‐2018」から米海軍

<<   作成日時 : 2017/04/02 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 30

「『世界の海軍2017‐2018』から米海軍」

 世界の艦船4月号増刊「世界の海軍2017‐2018」(海人社)から米海軍について昨年版と比較してみる。
 米国の国防予算は6160億ドル(昨年版では5800億ドル)。海軍人員32万3792人(同32万0615人)。艦船隻数486隻(同464隻)。航空機数2942機(同2787機)。

 ●原子力弾道ミサイル潜水艦「コロンビア」級は、オハイオ級の後継として計画中の新型戦略原潜である。今年版に初めて掲載された。
 水中排水量20810トン、全長171m、幅13m、主機原子力蒸気ターボ・エレクトリック、兵装トライデントD5 SLBM16基、乗員155名。
 オハイオ級よりひと回り大きいが、SLBM発射管は、24基から16基に減っている。SLBMは同じトライデントD5である。

 ●原子力弾道ミサイル潜水艦「オハイオ」級は、就役数14隻で変わらず。

 ●原子力巡航ミサイル潜水艦「オハイオ」級は、就役数4隻で変わらず。

 ●原子力潜水艦「ヴァージニア」級は、就役数が12隻から13隻に増えている。他に14番艦〜18番艦までが建造中で、28番艦まで発注済み。28番艦は2023年就役予定。

 ●原子力潜水艦「シーウルフ」級は、就役数3隻で変わらず。

 ●原子力潜水艦「ロサンゼルス」級は、就役数が38隻から35隻に減っている。本級が3隻減で「ヴァージニア」級が1隻増なので、攻撃型原潜は差し引き2隻減っていることになる。

 ●原子力空母「ジェラルド・R・フォード」級は、建造中1隻、計画中2隻で変化なし。ただし、1番艦「ジェラルド・R・フォード」の就役予定が昨年版では2016年となっていたのに今年版では2017年に延びている。公試が遅れているようだ。
画像

 ●原子力空母「ニミッツ」級は、就役数10隻で変化なし。5番艦が炉心交換工事(RCOH)中である。

 ●ミサイル巡洋艦「タイコンデロガ」級は、就役数22隻で変化なし。現在、BMD対応能力の付与に加え、近代化延命工事(CG Mod)が進められている。

 ●ミサイル駆逐艦「ズムウォルト」級は、1番艦「ズムウォルト」が2016年10月に就役。他に建造中が2隻。
画像

 ●ミサイル駆逐艦「アーレイ・バーク」級は、就役数62隻で変化なし。ただし、63番艦「ジョン・フィン」の就役予定が昨年版では2016年となっていたのに今年版では2017年に延びている。63番艦を含めフライトUAの建造中が8隻、発注済みが4隻。さらにフライトVの発注済みが3隻(77番艦まで発注済み)。

 ●沿海域戦闘艦「フリーダム」級は、就役数が3隻から4隻に増えている。ただし、5番艦「リトル・ロック」の就役予定が昨年版では2016年となっていたのに今年版では2017年に延びている。5番艦を含め建造中5隻、発注済み4隻。

 ●沿海域戦闘艦「インディペンデンス」級は、就役数が3隻から4隻に増えている。ただし、5番艦「ガブリエル・ギフォーズ」と6番艦「オマハ」の就役予定が昨年版では2016年となっていたのに今年版では2017年に延びている。5、6番艦を含め建造中6隻、発注済み3隻。
 両LCSは、昨年版では「計32隻建造する計画だ」となっていたが、今年版では「総計28隻にとどめるようだ」と記述が変わっている。

 ●揚陸指揮艦「ブルーリッジ」級は、就役数2隻で変わらず。

 ●強襲揚陸艦「アメリカ」級は、就役数1隻で変わらず。2番艦「トリポリ」が建造中で、3番艦「ブーゲンヴィル」が発注済み。

 ●強襲揚陸艦「ワスプ」級は、就役数8隻で変わらず。

 ●ドック型輸送揚陸艦「サン・アントニオ」級は、就役数が9隻から10隻に増えている。11番艦「ポートランド」が建造中で、12番艦「フォート・ローダーデイル」が発注済み。また、今年版には「なおホイットビー・アイランド級の代替として、本級の改型であるLX(R)の整備計画が2020年度からスタートする」との記述がある。

 ●ドック型揚陸艦「ホイットビー・アイランド」級は、就役数12隻で変わらず。


 ところで、ドナルド・トランプ政権は、「オバマケア」の代替法案の撤回に追い込まれた。与党・共和党内の反対論が根強く、可決に必要な過半数の賛成を得る目処が立たなかったためだ。このことは、トランプ政権の軍拡計画にも影を落す。国防費を大幅に増額する予算案が議会を通らなければ、「350隻海軍」も絵に描いた餅だ。トランプ大統領がいくら拳を振り上げてもカネがなければ軍艦は造れない。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
だんだん大型空母は、軍事革命的には、理論的には、
時代遅れとなる、ぜい弱すぎる集中目標と言うことだが、
それでも結局、空母と護衛艦隊が質的にじわじわ増強されている。

A、思った以上と言うより、計算通り、
厨獄側の対空母打撃力がぜんぜん上がらないので、
大型集中でも相対価値はぜんぜん下がっていない。

B、もくろみ通り、厨獄軍の努力が、空母撃破、空母航空戦力からの防衛に集中誘引されてるので、この傾向を反復して増大したい。

C、フォード級x3、ニミッツ級x10と言うのは、
質量とも、過去最強だが、たとえx1くらい退役モスポールされても、実は、過去退役の大型通常空母も
予備として凍結保存されている。
航空隊の消耗さえ防げは、たとえば、港湾停泊で打撃されても、消耗戦計算ではプラスのペイが出る。
むしろ敵の努力を空母打撃に誘引すべき。
場合により、洋上でも、航空隊の避退軽搭載なども考慮しても良い。飽和攻撃時に全力迎撃地上基地帰還など。

B、強襲揚陸軽空母は、今後、急速に戦力アップになる。アメリカ級x3→12予定、ワスプ級x8
F35Bとオスプレイ搭載により、
過去歴史上例を見ない強力軽空母分散と
軽歩兵軍事革命を同時に達成。
x20の数もすごい。
手に負えるレベルでは無くなりつつある。
運用効率を上げる補給艦の存在が重要になる。
それはダイレクトにいずも、かがの価値も重要とする。
結局、空母
2017/04/03 00:39

          <Rレーガン
      <いずも  <かが
    基地航空隊F15F2、F35A、P1等
<ワスプ
<ズムウォルト
      <増援アメリカ級
          <増援ニミッツ級
<増援フォード級

前衛と初期増強ぶんだけで敵を圧倒している。
それが現実。
給油艦にまでF35Bが付いてる。
揚陸艦のF35Bだけでもかなり強力。
なので、ズムウォルト級の艦砲射撃もほぼ阻止不可能。
列島線と言うより、阻止打撃戦力スルーされて、
上海を簡単に打撃される状況。

ジェダイに一杯、食わされてる。
接近打撃?領域拒否??
2017/04/03 00:41
弾道弾原潜 >例によって、敵誘引用

シーウルフ級x3
バージニア級x28

特殊部隊侵入から、一般戦闘、通商破壊、巡航ミサイル打撃、巡航ミサイル戦略打撃までこなせる。
その汎用性が実はキモ。大変な戦力。
その価値は、弾道弾潜の比では無い。汎用性がすばらしい。実際には、技術力戦力が敵手は劣るので、
巡航ミサイルも止まらない。

実際には、

前衛、そうりゅう級改そうりゅう級おやしお級

と言うことになる。
種類が違う静粛性があるので、敵手からすると非常にやっかいなことであり、ほぼ対抗不可能な戦力になってる。はったりと滅亡覚悟の脅迫くらいしか対抗できない。それって意思があってもたとえば市場も評価しない。経済戦的にもあまり有効では無い。

潜水艦は境目無く大増強
2017/04/03 00:53
弱点はその辺くらいのハナシになる。

ので、ニホン潜のアタマ数増やしの意味が、すごく重大になる。
相乗効果で、実際の相対実戦力価値が倍増する。

まあ、良く考えられてるし、
ジェダイはずる賢く強い。

そして、ウソ付きだ。
こちらにとっては、良い意味で
ってことになるが、敵にとっては、シャレになって無い。
アタマ数が足りない
2017/04/03 00:56
なので、やるやる詐欺も非常に有効になってしまっている。

むしろ、地味に、現地前衛ニホン戦力増強した方が
コスト効率は、これ以上やるなら、良さそうだ。

オバマケア >ある意味、米国のニホンちっく化

これは、俺個人は残しても良いと見る。
どうなってるかわからんが、虚実の効果がすさまじい。
急速に敵の戦意が喪失して来たようにも感じる。

トランプあべに依存しない、実質、帝国連合化が重要と見る。政治マスコミがぜい弱なので、違う次元の強化に期待する。たとえば軍事連携の文化、など。
ムラヤマハトヤマでひっくり返せない程度には積み重ねがあったのだとも、言える。

そこが実。
投票は虚、とも言える。うつろう幻のようなすがた。
すさまじい虚実
2017/04/03 01:03
ここはもう、俺にも何やってるかわからない。
全体のパイがでかいので一部実験とも思えるし、
まだ、判定不可能。狙いもわからない。虚実すさまじすぎて。

ステルス洋上常駐センサーなら、運用コスト安いなら、
まあ、使えるだろ

って言うのが、最初には来てる気はする。
米の場合は掃海艦の代わりってのがあったんだろうけど???

このジャンルについても、ニホン新DE増強した方が、
効率は良さそうだ。
逆に言えば、それ見れば、なんか真実の一端が見えて来るかもしれない。
全体が虚実の敵との相対で、真実なんか最初から無さそうだが。

世界史上、もっともカネ使った役立たない海軍になりそうだ。厨狂は。
厳しく実分評価するなら、旧独帝国のが、そうだったような気もするが。
どっちもやらない方が良かった挑戦、と言える。
それが起こることを、ずいぶん最初から予想して方向を誘引している。

沿戦艦も、先を見越してるのかもしれない。
案外しつこいLCS沿戦艦
2017/04/03 01:21
やはりニホンは、F35B飛行隊はやった方が良い気がする。
いずも、かが、次世代大型給油兵站艦にとどまらず、
いざとなれば、凍結保存の米空母も使える。払下げになるが。
まあ、そこまでの事態には、なかなかならないとは思う。

20年後の厨狂原子力空母より、
払下げ中古米空母使ったニホン空母のが上と言う現実。

どうにもなんない。
ばかが嵌められた。

実際には、

<いずも       <新むさし
<かが        <新やまと
   単なる給油艦と言うオチ↑
             <中古あかぎ
  単なるF35B洋上整備ステーション↑

まあ、中古まではとてもとても行く必要は出無いとは思う。
F35B飛行隊
2017/04/03 01:33
Rレーガン:横須賀の原子力空母
ソ連を冷戦軍備増強誘導合戦で崩壊に導いた大統領

ダイレクトにそういう意味なんだと思う。
敵に毎回、無意識の刷り込みやってるようなもん。
Rレーガンを敵は付け狙ってる。
単なる前線のおとり程度にすぎない。
それ撃破する目途が立たない。

ワスプ:佐世保に配属される強襲揚陸軽空母
先代ワスプは、ニホン潜水艦がWW2で沈めた空母の名。
歴史上、中小型空母としては、もっとも優秀艦。
1.5万トンってのが半端。

なんかの呪術、心理的トリックを敵手に掛けているつもりと思われる。
ふつうだったら、ニホンに配備するには、ゲンの悪い名だが、ニホン潜の不吉さを増幅するトリックかもしれない。

ズムウォルト:2000年没の海軍大将。だが、
DDに乗ってレイテ沖海戦に参加。
戦後、ニホン砲艦「安宅」を厨化民国に引き渡し担当。
その後、ハイローミックス、
VTOL軽空母、ローコストDE、ミサイル艇、あとなんか
構想をぶち上げた作戦部長。反対多く頓挫。

なんとなく、米海軍の特にニホン配備は名前にシャレと無意識的な呪術ちっくな暗示を入れてる。
そういう趣味なんだろう。
ズムウォルトの名前自体、ニホン配備にしたかった艦。
構想の流れみたいのが、強烈に存在してる感じ。
けっこう冗談がきつい
2017/04/03 01:56
従来の軍事は、

<主力精鋭強力    <予備2流低コスト

これをデータリンク間接打撃で逆転させる、
高い値段の高価値のものが後方の安全地帯に下がる。
前衛は分散センサーだが、他プラットフォームのものを誘導打撃する。低コストで消耗戦を前提としてる。

すなわち、前衛は、

分散で単独行動できるステルス性高い、
低コストセンサー

低コストってのも相対で、なんでもかんでも運用コスト高い昨今、買い入れ値段より、運用コストが安い、
ってのが重要みたいだ。
だから、装備が安く軽くなる。

だんだん読めて来た。
ほんとにFゼロで良いのかもしれない。
もちろんすべては相対。

だから、Rレーガンで微妙に釣ってる。
釣れる割に微妙に後方のエサで相対低コストの釣り餌
ってことだ。

いずも、かが、は最高に洗練された艦ってことになる。
たぶん、珊瑚海海戦で沈んだ油槽艦ネオショーをイメージしてる。
ネオショー自体にワナを仕掛けてるわけだ。

確かにここまで来ると、新DEはステルス性の必要を
さすがの俺も認める。
単航戦闘になる。
コンセプトは逆立ち間接打撃
2017/04/03 02:08
前衛艦で沈みやすいので、新DEは名前も大事。

ゆきかぜ
言わずと知れた、生き残り艦。
ウ厨戦艦ヤマトでは、最後のDD戦隊としてガミラス艦隊には撃破されている。

しぐれ
WW2の幸運艦。不発弾とかも多く、毎回、自艦だけは生き残った。最後は沈没。

しらくも
インド洋作戦でニホン艦にはめずらしく通商破壊戦で成功。その時の戦隊指揮官は、レイテ沖で引き返した栗田提督。

どくぐも
ワンパターンばかりじゃつまらないので、新たな名前を入れた。
名前も大事
2017/04/03 02:57
有名なイージスDDのシリーズであるが、
基本、強力だが弱点としては、

後続距離が短い
前期型は哨戒ヘリの常駐搭載が無い。
後期型以降はx2機、これなにげにかなり戦闘価値違う。

実質、イージス軽巡。

OHペリー級と言う、運用コスト安いヘリx2搭載のDEがあったんだが、これの後継が沿戦艦ってことか。

結局、哨戒ヘリx2搭載ってのがキモになるのだと思う。
運用的にx1機とはぜんぜん違う。
新DEも新DDも、それがまず、絶対条件となると思う。

厨狂DD、フリゲート新型 Z9C哨戒ヘリx1搭載
これは、西側系列の装備であり、ばかにならない。
今後、他の欧州系の兵器システムが一気入る可能性は否定できない。
このヘリの場合は、ヘリパイ整備部隊の練度、
艦の安定性などがおおいに問題になる。
後続距離短いだけで無く、かなり速度落とさないと燃費悪いのも問題になる。

やはり、部分的にぱくっても、ほぼ意味は無いようだ。
そんな甘く無い。

逆に言えば、陸自機甲部隊の兵站などは、米軍と比べれば、ガキの遊び程度のレベル。
戦車兵は同等だとしても。

アーレイ・バーク級x77
2017/04/03 03:38
そこまで言うなら、次のようなことも言える。

米軍のM1A2戦車などは、重すぎるし、燃費も悪すぎる。
劣化核燃料サンドイッチ装甲なども適当とは言えない。
デザイン的に迷走してる。
もっと軽いもので、充分な優勢を取れるはずだ。
自軍最強な兵站にあぐらをかいているとも言える。
それは、ジェダイもダニガンも40年前から言っている。
兵站が最強なだけ。

海軍については、WW2の海軍兵站はまぎれなく最強だった。ニホン海軍は最弱だった。
それが作戦の縛りともなり、海戦の結果に出た。

厨狂海軍よりは、はるかに上だが、
海軍戦闘効率と言うことを考えると、
どの程度が良いのか?
正直、俺には読めない。
いずも、かが、は、大ヒットだとは思う。

おそらくさすがに、補給系が足りない直感はある。
アーレイバーク級の弱点をいずも、かがも補ってやるわけだが、自軍もあるし、なんかそれでもぜんぜん足りない感もある。
やはり次級も大型兵站油槽艦ってことになりそうだ。

結局、厨狂海軍の作戦のすべては、いちいち
フーチー級油槽艦に縛られてる。

比較圧倒的優勢なだけで、
現実見た目200、実戦力50である可能性は否定しきれない。
もっと安い費用で実戦力100くらい出そうだ。
やるやる詐欺でそこへ収束させたいとこだ。
米軍の慢心
2017/04/03 03:50
タイコンデロガ級イージス巡x22
とても後続距離はアーレイバークより長い、
哨戒ヘリx2搭載
と言えども、兵站的には、原子力では無いので、
原子力空母には追随できない。

なので、実は、原子力空母を護衛艦戦隊の
リレー方式
で護衛すると見た。
だとしたら、ニホン護衛艦もふつうに輪形陣に加わるし、給油兵站艦も非常に重要になって来る。

ちょうど、対厨戦は、原子力空母はヒット&アウェーになるので、リレー方式の護衛艦隊交替ローテ方式には都合が良い。

まさに、帝国海軍であり、
護衛艦隊
ってところだろう。政治的な特殊用語じゃ無かったんです、のケツ末。
リレー方式
2017/04/03 03:58
なんかこれは、ニホン艦隊は、

給油護衛艦隊

にならざるをえない。
それが帝国総軍にとって、いちばん効率的、ってことになる。

まあ、それも良いだろう。

大井参謀の呪い

と言ったところ。悪い呪いじゃ無い。
いっそ、次級は、やまと、しなの、でもかまわないのかもしれない。
給油艦隊?
2017/04/03 04:00
ステルス高速砲艦 沱江級x8〜12
双胴、38ノット高機動、浅きっ水漁港停泊可能ゲリラ艦、
あえて2種類のミサイルx8=16発搭載

これ、良いと思う。
全体には、ひとつの兵器体系になってしまってる。海洋側で。

この類い強化するために、台湾筋への東芝売却も次善の策で悪く無い気もする。

ただ、役割分担であって、台湾にはいいが、
ニホンは役割が違う。
兵站と船団護衛と汎用艦砲打撃だ。

台湾は、すりつぶすこと前提にこれを作ってるわけだ。
台湾新型ステルスミサイルコルベット
2017/04/03 13:16
ニホンの場合、
航洋性居住性が悪い、(疲労が戦力に直結)
燃費が悪い、整備性が悪い、運用コストが高い、
哨戒ヘリが搭載できない、(リンク軍事革命が見えてる)
とだめなわけだ。

側面で民間ベース契約等で台湾強化することは
非常に有益だ。
まず、
2017/04/03 13:21
台湾ステルス高速砲艦 沱江級

の試験演習で、哨戒ヘリと共に飛ぶ動画がある。
とうぜん、陸上基地の哨戒ヘリと言う意図だと思う。
(無理しても練度も装備も精度も無い)

たぶんデータリンク連携はできないようだが、
それでも、偵察を別プラットフォームにして、
座標通報、偵察結果通報することは非常に大事だ。

目標探知した場合、座標と勘を頼りに一発ぶっ放してみるか、
もっと接近して詳細偵察してみるか、(けど撃ち落とされるかも?)
選択枝が確保できる。

そういう意味で、台湾軍のレベルに
厨狂軍は無いと、
俺は思う。

ニホンは逆に、最前線がセンサー艦であり、
哨戒ヘリが運用できることが非常に効率が良い。
データリンク戦闘とは、機能すれば、次元違いに強い。
もちろん練度の裏付けが無ければ実現もしないし、
効率も出無い。が、練度の裏付けが出れば、
段違いに強い。

哨戒ヘリが発艦前方に出て、一時急上昇瞬間
レーダー動作して何か探知した瞬間から、あらゆる選択枝が生まれてくる。

選択枝が多く、最適選択できることが重要と見る。

逆に言えば、厨狂がデータリンク装置密輸したところで
それだけでは何もできない。
後進国の連携戦闘の実際
2017/04/03 14:08
こちら流に誘導し、厨獄流とか考えることもやめとく。

逆に厨獄流になりそうでこっちに無益なのは、叩きまくる。
ジェダイの手口
2017/04/03 14:23
A、米日関係無く、P8、P3Cが長距離哨戒防御で
P1が攻撃戦力に回ることが多い。長距離攻撃用だが。

B、油槽艦のが速度が早く、前方に出てる。
作戦運用的には、その方が、後行って良いことは確かだが・・・部隊が行く前に兵站補給を先に行かせてるようなもんだから。ふつう撃破されるので無理。
秀吉の中国地方からの大返しは、これに近い。
勝ったのはそういう理由。
歴史家、勉強が足りない。

なので、やはり接近打撃、領域拒否ってのもウソ。
秀吉みたいに、良好な状態の戦力が、厨獄沿岸まで
最初から飛び込んでくる。
不思議な逆転現象
2017/04/03 17:56
俺的には、F35Bが趣味なんだが、
積んで無くても、機能はすごいする。
常に地味に実は取ってる・・・

夜間ピストン襲撃

<☆新DE
      ○沖縄制空隊分散
<★ズムウォルト
         ◎いずも補給艦隊
<☆新DE

夜間、接近しては艦砲撃、避退。
いずも、ひゅうがに燃料、弾薬積んで、洋上補給。
ズムウォルト、NDEが破損する頃には、後詰めの
2番艦、3番艦が到着するだろう。
制空隊は、状況判断して、退避飛行場分散戦闘になる。
戦時展開能力がすさまじいので、
敵が敵なので、誘引の意味も含め、
敵攻撃察知から分散飛行場の準備しても良い。

うまく行けば、敵の先制打撃の平時準備努力が
無駄になる。

いずも補給艦隊の空中警戒は、立体的に陸上基地機、
ワスプ、Rレーガンの連携ゾーンでやる、ってことになる。
それは、微妙に、敵のいずも攻撃大動員を誘引している。
本気で誘引して迎撃したいのかもしれない。
立体的に迎撃機も集まるし、直接艦隊防空力にも自信があるのだろう。
これは、ネタばらさない方が良かった?
悩ましいところだろう。
アウトレンジ攻撃を思い出す。
たとえば、沖縄攻撃と同時に総力動員で繰り出して来る可能性はある。誘引はしてる。
実際には、そういう立体攻撃は出来ず、いずも単一に総動員になるかもしれない。
探知できれば、ってとこだが、
衛星部隊のメンツ立てるために作戦実行とかありえる。
帝国艦隊用補給艦
2017/04/03 18:10
けっこう計算付くのコスト計算入った消耗戦、ってことです。

A、戦時には、次の分散避退選択枝がある。
AR、そもそも敵の攻撃は察知できる情報分析網がある。
それ無し=準備無しなら、低整備低兵站で迎撃容易。
計算付くで沖縄被打撃も許容。だが、打撃されるとは限らない。

B、デコイ。飛行機の模型
C、ドームカバー。衛星からは見えない。

もちろん、サヨク偵察員の通報とかも計算のうち。
コスト計算が大事。消耗戦。
だが、通報は哨戒ヘリのデータリンクとは違う。
あらゆる意味で。イレギュラー出ても打撃されるとは限らない。リスク計算の範囲。

D、飛行場分散避退。整備補給部隊事前進出。

もちろん、時間はかかるが、担当者がシミュレーションはやってる。

E、平時の状況見てシェルターも考慮だが、
まだ、対空部隊増強した方が効率が良い段階。
また、違う方法で対処するかもしれない。

正直、廟算力、シミュレーション力が段違いすぎる。
一般の単なる軍事マニア、ダニガンの会ったことも無い一般人、ジェダイ、準ジェダイどころか、パダワンでさえ無い単なる好事家でさえ、こんなもんなんだから、
こちら側の、帝国側のシミュレーション廟算力の優越は隔絶して明らかだろう。
むしろそもそもそこが優越の源泉だとも考えうる。
その上に色々乗ってるので、敵はそこまでの自覚さえも
たどり着けない。
読めて来ました。
2017/04/03 18:27
戦時には、

A、那覇、カデナ、フテンマ

は使う。米日関係無し避退基地。

B、ヘノコにも飛行基地を増設する。
那覇も増設。移動後不使用滑走路基地も戦時には使う。
戦時には、那覇の民間使用は制限する。

C、それに加えて、戦時避退基地を別に民間飛行場等から設定する。
可能なら、前進分散基地も設定する。

とりあえずの現在の計画は以上のようです。
こっちもなんか、マスゴミに洗脳されてるかもしれません。
戦争なんで使えるものは使いますね。
そこで反対運動とかあれば、戦後、政治的に処理すれば良いでしょうが、むしろ、民間の暴動、反日勢力への暴動のが怖いでしょう。
彼らを保護する法案は、彼らの反対によりありません。
民主国家なので、事前に逮捕とかありえませんので、
暴動が起こるごとに検挙するしか無いでしょう。
オキナワでは暴動とか無いでしょうが、
本土側の住民感情は、決定的に悪化する可能性はじゅうぶんありえます。

戦争なんだから、まあ、戦時に考えてもいいかもしれません。

D、ヘノコの位置は、敵に主導権取られた場合の反攻拠点の位置。もしくは避退基地。

E、ヘノコと那覇の洋上滑走路は、ゲリラ襲撃、占拠されにくいとも言える。

なんか、こっちのが、洗脳されてた気味もある。
純粋、騒音対策ばかりじゃ無いね。
現地の協力セクトへの何か、もあるのかもしれないし、
すべては、バランス相対相殺戦闘なのだろう。
もう、時代は変わってるのかもしれない。
それで敗戦既得権益者があせって騒ぎまくってるおねだりしまくってる、けどそっちには厨狂からしかカネが行かない、そんなとこなのかもしれない。
現実、オキナワ基地
2017/04/03 20:35
A、米国不介入の政治的成果を得て、
台湾攻撃時、先島諸島主要5島には、いちいち漁民兵が浸透上陸かけます。それが漁船200隻の意味。

→AR、脅しが通じない

B、米国はロサンジェルス核攻撃されてまでニホンを助けません。ってことは、一方的にニホンも核攻撃できますよ。

→BR、脅しが通じない

C、知事まで味方、独立も視野に入ってます。

→CR、脅しが通じない

D、謀略工作員ムラヤマ、ハトヤマが天下取った

→DR、何も起こらなかった
属国どころか、同盟国にもならなかった。

ニホンは10年くらいでまったく逆行ったりしますし、
逆切れで一晩で手のひら返しとかありえます。
洗脳無しでそういうこと起こります。
誰にもわからないので、
期待も過信も禁物ですね。
逆にあきらめる必要も無いです。

一晩でマスゴミ関係無しに逆上とかもありえます。
謀略工作も放置プレー?
2017/04/03 20:57
やはり南沙諸島って、見れば見るほど、あまり意味はありません。脱出口、突破口と言うよりは、

A、フィリピン征服の足がかり
B、ボルネオの石油資源押さえる足掛かり

C、ベトナム征服作戦時、海洋連合側の救援を阻止

これかな?案外。

厨獄人工作員はベトナムとニホンを分断する工作やってくるのは見えてます。
いやですね。マジ。

犯罪者は。

ちょっと、ただで済ます気、無くなって来ましたんで、
そこんとこよろしく。ウソですが。

冗談はともかく、

D、どうやら、海路からベトナム攻略制圧するつもりらしい

作戦シナリオはある、と見ました。
それに対し、

E、得意のジャングルゲリラ戦と潜水艦戦で対抗する

つもりみたいです。ベトナムは。
いい根性してます。

これは、最優先で協力すべきです。
まずは、乗員訓練から。
けっこう画期的で重要。
気の迷い南沙諸島
2017/04/03 21:04
もしくはベトナムの経済封鎖、海運通商封鎖による屈服を狙ってる。

政治状況が変わればありうる、ってことなんだろう。
ハトヤマ−オバマの時に、作戦GO!となって
引っ込みが付かなくなってるだけかもしれない。
今後のチャンスを待つ、くらいの言いわけか?

ああ、そういう位置に基地作ってる。
こりゃ、ひどいわ。

大戦略的に言うと、米国が不介入孤立主義なら、
一気、連鎖ドミノ、って言う戦略か。
できるなら、経済封鎖で打倒、親厨にして行く。

海上進攻した場合、けっこうめんどくさそう。
そういうのは、かなり強そう。ベトナム。

ひるがえって、ニホンだと、背水の陣で背後水路補給できるから、もっと強い感じ。
参考になる。
全面分散浸透か。ふーん
ベトナム封鎖?
2017/04/03 21:16
旧型は順次退役してるが、
フライトU以降の巡航ミサイルVLS装備型は32隻くらいあり、
じゅうぶん実戦力、強力なので、極力維持はしたいのだろうが、原子力なんで、炉心次第なんだろう。

これは、優秀なソ連原潜、特にアクラ級が米空母を攻撃してくるのに対抗した、用心棒として開発された。

比して、厨狂の攻撃能力は、ずっと低い。
バージニア級は他任務に付けて、
各空母に、ロサンゼルス級x1隻を用心棒に付ければじゅうぶんだ。
まだ10数年行けるだろう。

海自潜水艦
そうりゅう、改そうりゅう→ x17 予定
おやしお x9 +2練習潜水艦
別におやしおは廃棄しないだろうから、
ストック入れると、11+17=28隻くらい動員可能になる。
おやしおは中古の需要はすごいあるだろう。

新型多く、強力。
最強の前衛戦力。

ロサンゼルス級
2017/04/04 08:44
ベトナム キロ級x6
海自が訓練協力してるのが、非常に重大だと思う。
実際には、厨狂海軍をばかすか食ってしまうシナリオもありうる。

びっくりぽんの良い意味リスク多く読めない前縁戦力。
厨狂海軍よりは、確実戦力の可能性は高い。

台湾 オランダ製旧式x2
だが、台湾は、厨狂潜より上と分析してるくさい。
俺もそんな気はする。
台湾はうずしおでもいいから欲しいと言ってる。
うずしおのが厨狂潜より上、と言う意味だ。

台湾南−フィリピン
このギャップは気になる。
台湾潜が網張れば良いのだろうが、
ここは、米潜+連携支援海上艦が哨戒すべきだと思う。

フィリピンは放置すると、いつかは、厨狂が制圧する可能性は高い。

いっそ、NATOのような集団安全保障態勢も良いのかもしれない。
最低限の連携網張りって意味だと、
NATOよりも、今や、必然性が高い。
いっしょに運命を共にする、と言う意味よりも、
最低限の網張りだ。

SOSUS
地対艦ミサイル ベトナムもロシア製S800x10持つ。
潜水艦哨戒 哨戒線近くに基地があれば、断然効率上がる。

ニホン−台湾−フィリピン−ベトナム
<米、豪、NZ、シンガポール

これで出来あがり。
現実、シンガポールは、独自で、台湾防衛にバックアップしている。

シンガポール スウェーデン潜x4
の中古を改装して買い入れ。
要員の訓練を含む。
封鎖ネット
2017/04/04 08:45
ひょっとしたら?と思っていたんだが、
かなり詳細に各種手段で、厨狂軍は常時監視態勢にあるようだ。

そこが、かなり、でかい。

A、動員、稼働率集中率上げるなら、分散避退しながら
増援は他方面より出撃

B、常時兵力奇襲には、戦力的に取るに足らず、
ほぼ、良い交換率で消耗戦交換、圧倒できる。

C、その場合、敵の初撃時から実はこちらも縦深打撃に出れる。敵の奇襲効果は思った以上に小さく、我の反撃効果は思いのほか大きい。その自信がある。廟算の裏付けがある。

これが大前提にありそうです。

D、奇襲や動員傾向の情報は、台湾やベトナムにも通報できる。特に台湾には、詳細偵察情報データも提供しうる。

E、それを元にした反撃がばかにならないと台湾は考えている。場合によっては、台湾自身の攻防同時縦深打撃も台湾は真剣に構想している。
規模的にはずっと小さいが、厨狂が実は、非常に攻撃にぜい弱なため、充分な効果があると台湾は考えているが、ジェダイのシミュレーションでは無いので、あてにはならない。
ただ、軍事強国で無い割には、まっとうな分析感がある台湾には。状況の厳しさが育てたのだろう。

結局、厨狂のやってるのは、いいとこどりのごまかし。
実効が上がって無い。
孫武についても、自分が好きなように解釈してる。

奇襲察知分析と消耗戦計算管理
2017/04/04 19:42
A、弾道弾には、実戦の証明が無い。

B、弾道弾と同じことは、他の手段でもできる。
巡航ミサイル、ステルス攻撃機など。

C、だが、弾道弾は、他の攻撃手段と同じことはできない。できてもコストがかかりすぎる上に限定的だ。

D、弾道弾は迎撃困難と言うが、

D1、まず、信頼性自体に乏しい。
D2、IRBM級以下だと、低軌道、低速になるので、
今や、迎撃困難と言い切れない。

E、ロフテッド軌道なら高速突入できるが、より高い値段のロケットが必要。

F、すなわち、核兵器搭載しないとコスト効果が期待できない。

G、ロフテッド高空電磁破壊は期待が持てる。
が、実戦証明は無い。信頼性は無い。が当たれば効果莫大。

H、ここからひとつのケツ論を得る、すなわち、

I、今や、米弾道弾原潜は、敵の誘導嵌め込み用。
カモの相場嵌め込みみたいなもん。

J、通常弾道弾などは、敵配備した時点で、我の勝ち。

K、すなわち敵は、「軍事革命」について、まったく誤解している。
孫武から勉強し直せ!
と言ったところ。
弾道弾
2017/04/04 19:54
ごめん、ありました。歴史上の実戦弾道弾。

独のV2ロケット弾道弾

A、効果は小さい。コストが高すぎる。

B、むしろ、対抗策、防空、V2基地攻撃にリソース費やし過ぎた損害がでかい。

C、核兵器積めば完成するように思えるが、
それだったら、化学兵器は当時、両陣営とも持っていた。
積めば完成するわけでは無い。

D、完成系の究極核兵器ならば、プルート
和製ヤマタノオロチ、と言うことになる。
これは、むしろ、誘導系技術とラムジェットエンジン技術が大事な要件になる。
厨狂より、ニホンのが、はるかに完成系に近いところに居る。が、それはV2核搭載と同じハナシになる。

E、核兵器保持国家には、使わせないで破滅させる
人類的ブーストがかかる可能性がある。
なので、海洋側は、米国だけ優越核戦力を持ち、
シェアする戦略に、充分な期待は持てる。
米全核+英小核
これで充分と見る。
将来的、現実的に、ニホン豪が弱戦力とは、
特に潜在的な意味で、ぜんぜん言えない。
豪は将来だが、ニホンは現時点でそう言える。

F、打撃対象管理的に、敵は多弾頭で一か所にまとめてもらった方が良い。究極的な危険は同じだから、それの方が、打撃撃破する可能性が増す。

G、すなわち、圧倒的劣勢側の核戦力は、
ほぼ、相打ち用、自己滅亡の代わりに敵滅亡めざす兵器、と言うことになる。が、

H、その意図を察知されたら、もしくは危険と判定されただけで、先制打撃される対象になってしまう。
歴史上の弾道弾
2017/04/04 20:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
「世界の海軍2017‐2018」から米海軍 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる