希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「女性宮家」創設なぞとんでもない

<<   作成日時 : 2017/05/18 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

「『女性宮家』創設なぞとんでもない」

 眞子内親王殿下が国際基督教大学(ICU)時代の同級生、小室圭氏と婚約に向けた準備を進められていることが16日、明らかとなった。このこと自体は大変おめでたいことなのだが、この御慶事にかこつけて早速、反皇室勢力から「“女性宮家”を創設すべし」との声が挙がっている。
画像

 18日付産経新聞によると、「民進党が、皇位継承の安定化策として女性宮家創設に関する訴えを強めている。天皇陛下の譲位を可能にする特例法案に関連し、女性宮家に関する記述を付帯決議案に盛り込むよう求める声も勢いを増した」という。
 今もって何人か不詳の蓮舫代表は17日の党参院議員総会で、「皇族の減少という現実に、私たちは直面している」とし、「女性宮家の早急な検討を期限を区切って行なうべきだと政府に提言している。付帯決議には、この問題意識を共有してしっかりと書き込むべきだ」と訴えたそうだ。
 これは、眞子内親王殿下が御結婚により皇籍を離れられることで、皇族が減少する事態を憂慮しているかのように装いながら、実は、「女性宮家」を創設することで、将来の女系天皇に繋げ、以って万世一系の皇統を断絶せしめて国体消滅を図ろうとする奸計だ。

 女性宮家創設の裏には、このような陰謀が隠されているのだが、それを考慮の外に置いたとしても、問題が多い。
 まず現在、未婚の内親王殿下・女王殿下は眞子内親王殿下を含めても7方しかおられないということだ。4月30日付当ブログで指摘した通り、昭和22年に臣籍降下を余儀なくされた11宮家の系統の男系男子が120方もおられるという。7方しかおられない未婚の内親王殿下・女王殿下を当主とする女性宮家を創設するより、現在、臣籍にあられる男系男子の方々―総てとは言わないが―に皇籍復帰(皇籍確認)していただくほうが、将来にわたり皇位継承を安定的に維持できるのは明らかだ。

 次に、7方総てが御結婚されるとは限らないことだ。女性宮家の創設は、当該内親王殿下・女王殿下が御結婚されることが前提となっているはずだから、御結婚されないとなると将来、皇族の数が減るのは確実だ。
 また、御結婚相手が日本人とも限らない。外国人と御結婚され、外国に住まわれる場合も考えられる。その場合でも、宮家の創設を認めるのだろうか。

 そもそも11宮家は、占領下にGHQによって当事者の御意思に反して臣籍降下させられたものだから、主権回復と同時にこれを全く無効とすべきだった。このことを怠った政治の不作為を正す意味でも、安倍晋三首相は速やかに当該宮家の方々の臣籍降下を無効とし、現に当該宮家の方々(残念ながらすでに山階・東伏見・閑院・梨本の4宮家は断絶しているので皇籍が確認されるのは7宮家)が皇籍にあることを確認し、その旨、天皇陛下に宣明していただくように御助言申し上げるべきだ。

 天皇陛下の御譲位を可能にする特例法を作るのも反対だが、最早この流れは止められないだろう。非常に憂慮すべき事態だが、一部を除き保守政治家に危機感がなさすぎる。特例法に断固異議を唱えている政治家は少ないが、その一人が亀井静香氏だ。3月8日付産経新聞電子版に以下の記事が出ていた。
 [亀井静香氏「陛下の譲位に反対」明言
 亀井静香元金融担当相(無所属)が8日、国会内で講演し、天皇陛下の譲位について「お気の毒だが終生、天皇陛下であっていただかなければ、(皇室)制度が揺らぐ」と述べ、譲位に反対と明言した。
 亀井氏は自民、公明両党などが主張する一代限りの特例法を「先例を作ることになる」と批判し、摂政の設置や国事行為の臨時代行で対応すべきだと訴えた。
 国民の多くが譲位を容認している現状に対しては「浪花節みたいな情緒で、世界に冠たる天皇制を揺るがすことはあってはならない」と強調した。]
画像

 亀井氏は、毀誉褒貶相半ばする人物だが、国体の真髄はよく理解されているようだ。また、警察官僚であったことから反皇室勢力の策謀を敏感に感じ取っているのだろう。
 そんな亀井氏が、16日午前に首相執務室を訪れ、39分間も会談している。亀井氏は以前、安倍首相と同じ清和会に所属していたとは言え、安倍首相とはそれほど親しい仲とは思えない。にもかかわらず、忙しい首相と39分間も何を話していたのだろう? 譲位特例法制定反対を訴えたのか? 
 亀井氏も齢80。首相を前にして、最後の御奉公とばかり反対の熱弁を振るう姿が目に浮かぶ(あくまで想像です)。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
まこさま本人が、女性宮家など、論外にいやだと推測します。
かなりプリンセス業務を委託しているので、これ以上はそれこそ人権問題でしょう。
嫁いだ上で、実家の仕事を手伝う、実家の墓守をする、
まして実家は最高に格式あるわけで、
なんか変な野望のある変な民族の嫁ぎ先で無ければ、
ふつうのおうちなら、嫁ぎ先の家がかわいそうすぎます。
民主化して平民と同等になったと言う理論と
まったく適合しませんよね?
嫁ぎ先の家の家格を無視しています。
たとえ庶民だとしても。
野望がある特殊なおうちなら、ハナシは別なんでしょうけど、今回、そういうふうには見えません。

男女同権って聞こえは良いですけど、
肉体的に弱い女性を危険にもさらしますよ。
そこ、まったく考えていない。
ジェンダー世界って、たぶん、女性には過酷になります。
ものすごいカネうなってる社会なら別かもしれませんが、
そうでないなら、どんどん、女性には危険になります。
箱開いてみて、びっくり、と言ったところでしょう。

その哲学が根本にあります。

軽薄すぎます。

女性を保護するために、男女の制度差もあるのです。
天皇家がおかしくなったら、国民一般の女性の保護も
危うくなりますよ。
まこさま
2017/05/18 21:36
創価学会は亀井静香を敵対視しています。

亀井静香が反創価学会なのは、やはり、経歴、
ニホン社会にとって有害な匂いがするからでしょう。

そうで無いと創価学会が言うなら、たとえば、
A、孔明党建設大臣の下でアネハ混乱が起こり
失政で民主党に政権が行ってる

その責任は、孔明党にもあるわけで、なんでもかんでも
学会ならいいんだとは、池田大作も言ってはいません。
反省しなさい。
反省して、失政を無くして、学会存続するならするで
目的を追求すればよいでしょう。

亀井静香は反学会で、票の関係で自民党から追い出された脈絡もあるでしょう。

結局、マイナリティーの策謀よりも、たとえ構成員はマイナリティーが多くとも、策謀派では無いのでしょうから、いちいち亀井つぶしをやるより、
全体の安定を図って学会の存続を図った方が得策でしょう。

男女差無視社会は、女性の弱さを無視し、
女性の権利を侵害するでしょう。

この問題の本質は、そこにあります。

れんほうも、女である前に、野望がすごい、
ワタシを見て見て!

きらきら症候群

病気です。
学会婦人部にきらきら症候群なんか頻発したら
収拾不可能になり、学会は滅ぶでしょう。
知ったこっちゃありませんが。
亀井静香と創価学会
2017/05/18 21:50
主の言われる皇籍確認は巧みな戦術です。

A、皇籍確認を行う

確認であって、経費増大は伴いません。
それに異論があるサヨクは、むしろ、
天皇現人神説であると言えます。
別にかまわないのでは。
ただ、宮家でも、大名家から嫁いだ女性がそのまま
宮家継いじゃってる場合とかありそうですから、
それはつじつま合わないので、除外すべきです。

B、妥当な範囲で宮家とする。

男子継承者の順位で、妥当な範囲で、宮家とすれば良いのだと思います。
この辺は、俺は賎民なので、主張は無いです。
メカニズムを述べているだけです。それは、あくまで、

この問題の裏には、女性の保護、と言う問題が
実はからまってる、と見るからです。

そして、変な野望が。からまってます。
皇籍確認
2017/05/18 22:17
A、何進の昔から、自分が賤しい家と認識し、
それをくつがえしたい強烈なコンプレックスがある場合、外戚から皇帝家乗っ取りを図って来た。

これは、繰り返されるコンプレックスの悪しき
無意識の悪しき発露の行動です。

れんほうさんなどにも、そのような心理は働いている可能性は強いです。

差別された賤しいとされる家格の家だとしても、
それを受けて立って、やればいいのです。
そこから聖は生まれるのです。

それこそ、日蓮などは、せんだら=奴隷格の家の出だと
自分を言ってました。ただの漁民ですけどね。

どうも、強烈なコンプレックスがある根性がねじくれた家の場合、女系を使って乗っ取り図ることはすごく多いです。それで解消しようとするわけですね。
もともとニンゲンに貴賎など無いのに。

まあ、そういう繰り返される変な部分があるので、
男系で家を作ることにしたのでしょう。
確かに、その方が、社会安定はすると思います。

ならば、一番手の家である、天皇家をそこを曲げてはなりません。
これが主の無意識的な主張と見ました。
ニホンとニホンの自然風土とご自分の家系にも
神聖なものを感じているのでしょう。

俺なんかは、野蛮人なんで、神聖無いんですけどね。
それでも、それは、非常に一理あります。
社会安定と女性保護のために必要です。
弊害は、ほとんどありません。
おぞましい野望
2017/05/18 22:30

男女差別促進なんてなるわけないでしょ?
そんな甘言に乗ると、むしろ、弱者の権利は危うくなりますよ。
社会ってのはそんなもんです。
そっちは俺のが、ずっと読めますよ。

もー、きらきら症候群の野望はいいかげんにしてほしいです。
自分はコンプレックスなんでしょうけど、俺なんか
どーとも思いません。台湾人とか見ても。
ニホン人と厨獄人の中間くらいですよ。
厨獄語しゃべってるだけで。

まあ、あれは、おかしいですね。
ふつうの台湾人現地人はずっとまともに俺には見えます。
ニホン人でも変なの居るのといっしょでしょう。
俺が変とかそういうのは無しで。
そういう意味では無いんです。
コンプレックスときらきら症候群
2017/05/18 22:31
今回の譲位論は先例があるという観点で僕は可と思います。
ただし特例法は反対です、安倍総理は安倍総理の考えがあるのでしょうが皇室典範を改正して、ある条件のもと一生に一度の譲位は認めるべきではと私は思います。
践祚はなしで、太上天皇になったら皇位継承権は無くなるとゆう感じにして譲位が政局の片棒を担ぐ事が出来るだけないようにすべきだと思うのです。
ただし今回、反日連中が眞子内親王殿下の婚約を政治利用して「女性宮家」という日本の国体を破壊にかかっている事は僕も大反対です。
希典先生の仰る通り、旧宮家の皇籍を復帰させるべきだと私も思います。
眞子様の御幸せを切に願います。
日本空母
2017/05/19 01:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
「女性宮家」創設なぞとんでもない 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる