希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中共ドローン、尖閣領空侵犯

<<   作成日時 : 2017/05/19 21:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 30

「中共ドローン、尖閣領空侵犯」

 尖閣諸島周辺の領海に侵入した中共海警局の船からドローンが飛び立ったのに対し、航空自衛隊がF‐15戦闘機を緊急発進させたという。19日付産経新聞が1面で大きく報じている。
 [中国、尖閣領空にドローン
 侵入の公船 空自機が緊急発進
 航空自衛隊が18日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に侵入した中国海警局の船の上空を飛んでいる小型無人機「ドローン」に対し、F15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたことが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。無人機に対するスクランブルは極めて異例。外務省は同日、ドローンは中国海警局の船から飛ばされたとみて、在中国大使館公使に厳重に抗議した。
 海上保安庁が同日午前10時52分から56分にかけ、尖閣諸島の魚釣島から約14`の領海内で、海警局の船4隻のうち1隻の船首付近でドローンのような物体の飛行を確認した。尖閣周辺でこうした物体の飛行が確認されたのは初めて。
 スクランブルを行なったのは空自那覇基地(沖縄県)の南西航空混成団第9航空団のF15戦闘機。18日午前に那覇基地を飛び立ち、ドローンが飛行している空域に向った。ドローンが飛び立ったとみられる海警局の船は日本の領海内にいたため、発艦した時点で領空侵犯したとみなされる。
 スクランブルは通常、日本の領空に向って接近する他国軍の戦闘機や偵察機などに対して行なわれる。平成25年9月にも中国軍機とみられる無人機が尖閣諸島北東の公海上で飛行し、空自機がスクランブルした。今回のような小型機にもスクランブルを行なうことで中国の挑発行為を牽制する意図もあったとみられる。
 28年度の中国機に対するスクランブルは851回に上り、過去最多を更新。ロシア機などを含む全体でも1168回と過去最多を記録した。昨年12月には、中国の空母「遼寧」が沖縄本島−宮古島間を通過した際に随行のフリゲート艦からヘリコプターが発艦し、スクランブルしたケースもあった。]
画像

 小型ドローンに対してまでスクランブルをかけるとは驚いた。中共の挑発行為に対しては、厳然と対処するとの日本政府の意志を示すことは必要だが、ドローンにまでスクランブルをかけていたのでは、当該部隊が疲弊する。そもそも、「場合によれば撃墜する」という決意がなくては、無人機にスクランブルをかけても何もできない。
 とは言え、日本側が何もしなくてもよいというわけではない。恐らく中共は、尖閣上空にドローンを飛ばして日本側の出方を探り、次の段階でヘリコプターを飛ばしてくるのではないか。
 そして、さらにその次の段階では、ヘリコプターを使って人を尖閣に上陸させるかもしれない。中共の行動を放置しておいたら、日本の主権がドンドン侵され、尖閣諸島を実効支配されてしまう。
 この際、海警局の船から発進するドローンやヘリコプターに対しては、海上保安庁にも対領空侵犯措置任務を与えて、対処させてはどうだろう。警告くらいなら海保にもできる。必要なら巡視船搭載の機関砲で威嚇射撃も可能だ。政府が決断さえすれば、撃墜するのも不可能ではないだろう。
画像

 ところで、航空自衛隊は、ドローン発進の情報をどこから得たのだろうか。尖閣諸島の周辺には海上自衛隊の護衛艦も警戒に当たっているが、領海のかなり外側を遊弋しているらしい。領海内にいる海警船から発進した小型ドローンを発見できるとは思えない。
 19日付日本経済新聞電子版によると、「F15戦闘機は東シナ海上空を飛行中で、海上保安庁の連絡を受けて現場に向った。海警局の船に無線で海域からの退去と、ドローンを飛ばさないよう警告した。早期警戒機E2Cと、空中警戒管制機(AWACS)も対応にあたった」という。
 海上保安庁はどのようなルートで連絡したのだろうか。現場巡視船−第11管区海上保安本部−海上保安庁本庁−防衛省−南西航空混成団のルートで知らせたのか? ただ、これでは時間がかかりすぎる。現場の巡視船から直接、南西航空混成団に連絡するメカニズムが確立されているのだろうか?
 また、「海警局の船に無線で海域からの退去と、ドローンを飛ばさないよう警告した」とあるが、対領空侵犯措置任務は空自の仕事だからとて、このような場合にも律儀にそれに拘るのは滑稽だ。海保の巡視船が近くにいるのだから、巡視船から警告すべきだし、そのほうが早い。海保にも対領空侵犯措置任務が付与されていれば迅速に対応できる。
画像

 話は変わるが、日本を訪れていたハリー・ハリス米太平洋軍司令官は17日、河野克俊統合幕僚長らとともに、日本最西端の沖縄県与那国島にある陸上自衛隊与那国駐屯地を訪問し、部隊を視察した。自衛隊トップと米太平洋軍司令官が同駐屯地を訪れるのは勿論初めてで、尖閣諸島を巡り挑発行為を繰り返す中共を牽制する狙いがあると思われる。

 18日付産経新聞によると、ハリス司令官は17日に都内で行なった講演の中で、「尖閣諸島は、日本の施政下にある。尖閣は日米安全保障条約第5条の適用下にあることを、私は何度も強調している。北海道を守るのと同じように、われわれは尖閣を守る義務を負っている。誰も米国の決意を疑うべきではない。5万人以上の陸海軍(ママ。空軍が抜けているがハリス司令官が抜かしたのか記事の間違いか不詳)、海兵隊が日本の防衛にあたっている」と述べたという。
 また、「列島線防衛の新しい方策も検討すべきだ。例えば陸上部隊が海上船舶を防衛することなどだ」と語ったそうだ。意味がよく分からないが、「南西諸島に地対艦ミサイル部隊を配置すべし」ということだろうか。
 さらに、「今後は米軍と自衛隊の装備を含む相互運用性が非常に大事だ。さらに日米韓の間でも相互の能力を高め、北東アジアを防衛できるようにしなければならない」と指摘したという。
 この発言の意味するところは明白だ。「自衛隊はもっと米国製の武器を買え」、「地域の安全保障に積極的に貢献せよ」ということだ。米国の尖閣防衛義務はこれとセットであることを、暗に示しているのではないだろうか。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
訓練兼ねたけん制なんでしょうが、それにしても、
ドローンにまで、なんですが、

A、連携演習とその能力を敵に警告
B、かなり小さいモノまで発見できる能力とそれを警告
厨狂ステルスくらいできますよ警告演習
C、発表してると言うことは過剰反応で無く、警告演習
このくらいのものまで、遠距離のAWACSが捕捉追跡確認できることを誇示

そんなとこでしょう。
あと、ぜんぜん消耗して無いよ、スクランブル合戦
あんたら消耗戦のつもりなんだろーけど

あと、よくニホン軍にありがちなんですが、
精鋭は消耗して無いけど、2流軍の消耗は華麗にスルー
海保はごくろうな気がします。

連携演習であると共に、すぐに多少接近でAWACSが捕捉してた気がします。
連携捕捉をこのレベルで出来る、まあ、技術的にも
心理的にも、まあ、昔のいきがかりは代替わって
かなり無いんでしょう。前線では、同じ敵、
同じゲリラにいやがらせされる仲間でしょうし、ね。
アデン湾の同乗なども良いのかもしれません。

主言うように、海保予算人員追加で、現実軍事力増強、
装備訓練増強で海保対処範囲拡大も良いかもしれません。
随時監視
2017/05/20 06:01
A、米空母x2で近日、近海で演習とのハナシ
随時奇襲態勢を、波を作りながら維持。断続的持続と言うか。多少の態勢レベルの増減の波はあるが。

B、結局、冷戦でソ連を打倒しました。
今回は、演習も含めた冷戦なのでしょう。
限定戦争なら、即時できる、って意味は含んでいるようです。

C、その意味をドローンまで含み、消耗戦の冷戦なのでしょう。敵は低レベル低強度ゲリラ戦的な意味も含む消耗戦なんでしょうが、こちらの余裕はありそうです。

D、航空部隊と海保の兵站能力は、自然に上がって来ます。

E、が、このような場合、海保後方やオキナワ部隊に、戦争並みの負担がかかる部署も生じることを我々は意識すべきです。表面には出ませんが、とうぜん、色々負傷も出ます。過労や心的外傷など。まあ究極、過労死と自殺なんですが。事実どうこうでなく、裏表だと言うことです。冷戦でも今度は戦争ってとこなのかも。
その意味はあります。間接的に人類滅亡を防いでます。
が、本源的意味に甘えること無く、負傷者は手当すべきでしょう。
随時奇襲態勢
2017/05/20 06:12
A、よろん島の防御とか大事とのメッセージ
よろん島は台湾に近い。どさくさにまぎれ制圧して台湾侵攻とか許さない。そういうシナリオを敵が持ってる具体的なものがあるんだと思う。諜報と言うより、ジェダイの読み、この場合は、物理的情報からの論理的帰結でシナリオが複数読めるのだろう。

B、3軍、米日軍、横断した連携分野超えの作戦が必要との意味。軍事革命。
陸自の汎用ヘリ搭乗FOが敵艦船、海警隊海上民兵ゲリラ含むを
評定して、陸自の砲、たとえば99自走砲などで撃つ
汎用ヘリでそれらを搭乗汎用対戦車ミサイル兵で撃つ
揚陸部隊で無くとも、陸戦兵器打撃なども視野に入れよ、
地対艦ミサイルはもちろん、色々あるのでしょう。
陸自オスプレイから何か撃つとか、機雷敷設するとか。

逆に、ニンジャで無く哨戒ヘリで敵揚陸舟艇を観測軽ミサイル打撃しましょう、など、
3軍分担よりも、3軍横断、最適選択打撃、観測
ってことなんでしょう。
言いにくいと言うより、細かく多岐に渡るので
言い切れない、って感です。

GDP2は既に必須です。
米軍ニホン軍一体化、帝国軍化も既に進捗深化するばかりです。
C2で米軍の機雷を積んで、安全場面、夜間や事前に投下撒くなどもあるのでしょう。
同様に、陸自の海兵隊化、ってことが意識されるのでしょう。その辺は進捗をお楽しみに、ってとこで
視察しながら、方策を練っていると思われます。
そのために、幕僚もそれぞれ随伴してるのだと。
台湾オキナワ立体防御
2017/05/20 06:30
A、台湾有事によろん島の領海を通り、それを頼りに
ショアtoショアで兵站輸送増援輸送を実施する。
米軍艦、台湾船舶など。

それを周辺監視、防御、接近敵打撃するのに、
陸自もやる、ってとこでしょうか。
陸自主導、陸自コマンドポストでたとえばよろん島領海だったら。
そういうのを現地見ながら構想するのは、さすがです。
地対空ミサイル、接近する低強度敵は陸自兵器で撃てます。

汎用ヘリは、塩害に強そう塩害整備しやすそうなのを次期に選定したのでしょう。
3軍米日連携統合防衛なのですが、
低レベルで持続作戦やる場合、
コマンドポストは陸自でやんなさい、
縦割りじゃ無いですよ、ってとこでしょう。
補給船舶は分散してがんがん先島領海通る、ってことです。
それに対して、ゲリラ浸透的攻撃掛ける、
まあ、そういうことなんでようね。敵さんも。
そういう企画が読めてる。
敵も浸透して、船舶攻撃を低レベル戦争、ゲリラ的な感じでやる企画があるのかもしれません。
高レベル兵器は台湾攻撃で手一杯でしょうし、
低レベル手段であるならば、戦争の拡大もしにくい
どさくさまぎれで限定しながら船舶輸送だけブロックしたいのでしょう。
こっちは、その船舶輸送を達成するのが守備隊の任務、ってとこです。
陸自の船舶防御
2017/05/20 06:42
★これは単なる海賊襲撃です>   ↓台湾船舶

◎◎台湾侵攻>  |台湾本土防衛

まあ、こんな感じなのかな?
実際、低レベル戦争だと、米日軍がそのまんま敵根拠地襲撃とかしにくい。
ほんとの意味で、限定化したい、拡大応酬したくない、
それは敵の方なんでしょう。
それ見切って、分散度もシェルター度も低いんでしょうけど、それは米軍のハナシで、
ニホン軍は、分散計画と、せめて爆風防御ついたてと
駐機被害減少計画くらいはやらないとだめです。
海賊?
2017/05/20 06:49
でした。失礼しました。よろんで無く。

ダイレクトに台湾に近接しています。
ショアtoショア(正確な用語使いでは無いですがイメージ的に)
補給路の目玉になります。

台湾侵攻併用シナリオにせよ、
台湾海上封鎖打倒シナリオにせよ、
どちらにせよ、これは、重要な手段になる。
台湾がシャープ買ったり、なっちゃんレナわざわざ買ってるのは、偶然では無い。
我々以上に彼らは危機感を持って事に臨んでおり、
いざとなれば、先島の領海を頼りに小船舶ででも、
たとえば昼間先島領海停泊、夜間強行突破など
わんさか海賊が湧く予定なのかもしれない、

陸自として、船舶護衛も作戦として、むしろ
場面においては、地域護衛主幹として他軍の援助をもらいながらやる場面もある、ってとこなんだろう。
それに応じた、地対空ミサイル含めた各部隊の布陣ってのもあるわけだ。

ヨナクニ島
2017/05/20 07:13
けっこう単純じゃ無い。
部隊としても、ちょっと統合軍的部隊になるのだろう。
そこまで行くと、対戦車ヘリニンジャで無く、
哨戒ヘリ、塩害対応汎用ヘリを運用した方が良い。
新DE、ミサイル艇は艦隊指揮下と言うより、
ミサイル艇、哨戒ヘリは現地陸自護衛コマンドポスト下
新DEは連絡士官入れて、陸海共同戦闘団みたいにならざるをえない。
実際、敵の海賊が上陸して来た場合、海上陸上シームレスにDEで艦砲射撃する必要も生じるし、
海保艦含め、石垣島の港湾で補給した方が良い。

危機レベル上がった時点で、もしくは常時でも、
DEの艦砲弾を石垣島に集積した方が良い。
究極的には、自走砲弾と共用の方が良い。
危機近付いたら、常時でも、
99自走砲は、石垣島に投入した方が良い。
対砲レーダーで対砲撃戦やるがごとく、
99自走砲で海警艦でも厨化イージスでもゲリラ海賊漁船でも撃沈してしまってかまわない。
ほんとは、DEと共用の誘導砲弾があれば良いのだが。

一発、新DE、自走砲で155mmで共用延伸弾、ってのはありうる。
恐怖の低レベル軍事革命、低レベルとは小隊単位で統合打撃軍事革命、そういう意味での低編成レベル高度低コスト高コストパフォーマンス軍事革命、って意味だが。

島の小隊守備隊に人類の命運がかかる、と言ったところ。
それが軍事革命。
低編成レベルまで軍事革命
2017/05/20 07:14
A、的確な情報分析により、99式自走砲、対空自走砲、10式戦車を事前に石垣島に急派

B、同様に、陸上基地哨戒ヘリ隊を石垣宮古に急派。
これは、戦時には、現地DEDD搭載とシームレスに作戦する。

C、その他、陸自汎用ヘリ、その他部隊を増強。
何より兵站物資集積を開始。

D、情報部隊の練度が必要。当面は米情報部隊にも頼る。
敵の作戦察知状況に合わせ、
D1、機雷艦、C2による機雷堰設置など選択枝。
D2、新DE、ミサイル艇などを派遣し、連絡将校入れて、
陸海空戦闘団コマンドポストを現地に設置。

指揮官養成たいへんそう。やるべし。
エース養成でかまわない。

E1、台湾侵攻シナリオ
E2、台湾封鎖シナリオ

分岐するのだが、シミュレーション反復する場合、
細部までいちいちサイコロ振って分岐させた方が良い。
その分岐の割合、ランダム結果表、戦闘結果表を熟成させること自体が目的で、それを紙化して意識することが、内的な練度向上に直結する。
楽して何か達成できることは何も無い。

そっちの方が、さらにほんとの軍事革命。必須。
そっちが先に必須。
ほんとの軍事革命島しょ戦
2017/05/20 07:28
誤解してはいけないのは、
これは、
ゲーム理論で司令官の決心するわけでは無い、
と言うこと。

情報分析と選択枝把握で決心する。
その能力は、反復ゲームでしか上がらない。
そしてゲーム自体の絶え間ない修正だ。
それを繰り返すと、新しい状況への対応イメージが
まるで変わって来る。
ランダム性と結果表の強い意識化と選択枝の持続的な意識化が、それを可能にする。

すなわち決心は、いつも、情報分析と予兆の察知から始まる。鍛えられた無意識が活動してるだけで、これはバクチでも超能力でもフォースでも無い。
単なる鍛錬だ。
決心できなければ、時間を軸に取り、延長戦すれば良いのだ。
手順で作戦を建ててはならない。
そのやり方は、もう、通用しない。
当面の敵は弱いが、結局は、後輩だろうが、
そのレベルで戦うしかなくなる。
情報分析と予兆察知、日常からの傾向の把握、研究。
できうればこれを組織でやる。
そこまで行くと、俺にはわからないが。
米情報分析旅団ってのがそれだとは思うが?・・・
ゲーム理論より情報分析
2017/05/20 07:37
とにかくサイコロと戦闘結果表を使った方が良い。
同じことを内的努力だけでやると
乃木将軍みたいに、血の汗が出てしまう。
実際、死んじゃうかも?

常に仮で良いわけで、仮を修正する作業自体が
鍛錬、内的練度を上げるから。

神がかってるとか、ヤマモトとその幕僚とか
お子ちゃまシロートばか丸出し軍団。

乃木に土下座してあやまれ。

って言うか、秋山のは神がかりでもなんでもない、
ゲームの回数をばかみたいに重ねれば、
鍛錬しすぎて、直感で無く、無意識の労働で
203高地と観測誘導砲撃とかストライクしちゃう。
ついでに、極東海軍は、整備レベル落ち、疲労、士気落ち、それも視野に入った上でのストライクであって、
これは神がかりでもなんでもない。
その代り、ゲームやり過ぎで早死にしてる。秋山は。
サイコロ捨ててるばか軍団。低能バカ軍団。

やり方知らなくて、毎晩血の汗流した乃木に土下座してあやまれ。

わかりやすく解説すると以上です。
わかりやすいでしょ?
これが軍事革命。
偶然性と選択枝
2017/05/20 07:48
探知能力、探知レベルを上げるので、雑音、クラッターその他情報ゴミが半端じゃ無くなる。
それを区別するソフト能力取捨選択が非常に重大になる。ソフトもニンゲンも含める。
これは傾向の把握しか無いだろう。
移動を時間の目標変化を自動的に把握デジタル化して
プログラム判断せざるをえない。
その範囲に小型ドローンも含める、その実戦実験って側面もあるのかな?
それをあえて含めない、って選択枝もある。
それも含めたニンゲン的実験なのかもしれない。

実際には、低コスト戦として、主の言うように、
海保、さらには、陸自で機関砲機関銃で撃墜すれば良いだろう。

いずれにせよ、その情報連携が軍事革命なのであって、
今回、海保−空自でうまく行った、と言う発表なんだろう。
海保レーダーと目視等で低精度で把握し、
その連携で、
AWACS迎撃機で、高精度もしくは実戦必要精度把握
と言うことだろう。

それがドローンレベルで出来るなら、敵の偵察軍用レベル無人機でも当然できるだろう。

それをプログラム依存でやっても良いし、
今回のように、ニンゲン的要素を多くした絞り込みでやても良い。そっちのが好みかな?
プログラムの判別試験も同時並行でそれぞれやったと思われる。

敵手の優秀な人材はそれを見ている。
厨狂軍といっしょに一蓮托生で滅ぶのはごめんこうむる、
そう思っても仕方が無い。
そう思わせる、って意味は常にやってるとは思われる。
実際、国捨ててニホン帰化寝返ってるヒトは優秀なのは多い。同情は禁じえない。
ステルス時代のAWACS
2017/05/20 08:18
A、政治的な因縁付けチャンスを捉え
 (ごろつきかよ・・・)
B、経済的な締め付け。大陸の台湾企業資産封鎖、因縁付け
C、台湾に対する政治工作。ニホン米ロビーなど立体工作
C1、発動条件にトランプあべの失脚が前提となるかもしれない

D、台湾海上通商の封鎖
D1、臨検による封鎖〜キューバ封鎖みたいな?との言いわけ、低〜強レベルまで
D2、エスカレートして、台湾港湾の機雷封鎖
D3、警告的通商破壊。何かの因縁付け

E、どこかの時点で、香港方式の懐柔併合を提案
E1、だが、台湾は乗らない可能性が高い。

F、直接侵攻の準備と恫喝
低強度戦による台湾屈服
2017/05/20 08:39
A、武器弾薬売買は、国際的に言えば、それで戦争とか無理がある。武器弾薬レンドリース

A1、特に台湾船が武器弾薬買い付けて輸送するぶんに問題は無い。
A2、が、それは、厨狂側の撃沈対象になる。
A3、空輸で武器弾薬補給するのも、さして問題は無い。
反発はするだろうが。

A4、低強度戦で実戦が始まれば、C2で輸送とかも可能とするかもしれない。

B、同様に民需用の輸送も必要。
B1、臨検を逃れるため、ヨナクニルートなども強く意識されることになる。
B2、港湾封鎖されるなら、最悪、本当にショア、ビーチング揚陸艦舟艇による海岸に物資揚陸、民需含む、なども考えうる。
港湾封鎖エスカレートしてるので、米軍籍でも良いだろうし、旧式艦船を民間移籍し、台湾でチャーターしても良い。

C、掃海
C1、自軍が機雷敷設していない、もしくは範囲を対軍事用に限定しており、全般民需封鎖の責任を厨狂が強弁して否定するとかありうる。
C2、いずれにせよ、掃海部隊を派遣して掃海するのは、
国際的にも問題は無い、と言うか、回避すると国際評判はひどく悪くなる事態も考えうる

D、低レベルでの沿岸海輸、掃海等に対して、
敵手厨狂が海上民兵による海賊ゲリラ攻撃とか
おおいにありうる。
D1、沿岸防御、陸自含め、その征伐と防御を行う
D2、海賊潜水艦とか海賊ドローンによる目標偵察、
海賊無人機偵察なども考えてるのかもしれない
D3、海賊なんで討伐可能

E、義勇兵なら台湾救援可能
E1、義勇空軍フライングタイガースによる海賊機討伐とかやりきんないが、そういう敵手であることも確か
低強度征服戦への反撃
2017/05/20 08:56
A、ヨナクニ、石垣、宮古、先島諸島は、グレー地帯
B、にしたいので尖閣を敵はやってる
C、大きな意味でオキナワ闘争はオキナワ自体のグレー化を目指す
D、ものすごい重点指令がハトヤマに来てたと思われる。
どこの国の工作員だよ?マジ。
先進国じゃ、前代未聞じゃ?戦前から悪い実績がすごいある。
脅迫対策含め、大胆な対抗策も必要かもしれない。
E、ホンネとタテマエの錯綜を利用してる、ってとこだろう。が、
F、敵の工作は急速に、コスト比効果が出無くなりつつある。
G、キタ狂石油禁輸などばんばん要求すれば良いが、
屈服しても、敵は敵で工作も謀略も野望も続行。
そういう相手。とうぜんだが。

H、プロ市民を使って、先島諸島をグレー化して来るのは見えている。どう考えるのか?
現地住民の人権侵害をきれいごととマスゴミ宣伝と偽善宣伝で現地住民虐待プロ市民による人権侵害を看過するのか?

グレー地帯
2017/05/20 09:17
I、救いようが無い、関わり合いたく無い、
そういう心理を利用して、グレー化を図って来る。
次の段階で実際に海賊浸透もあるだろう。
ゆゆしき事態だ。
声無き、一般の世論、マスゴミ宣伝に出無い大勢を無視してはいけない。

J、実際に現地住民がプロ市民と連携して活動するなら、
割り切って、戦場と認識すべき。
こちらに協力的な住民を極力保護しながら、
消耗戦戦闘で良いだろう。
機動隊とか投入すべきかもしれない。
あまり目に余るようなら、NHKの受信料の民間化、公平競争化、地上波の競争入れ替え制度なども視野に入れるべき。
電通は、独禁法に抵触するのではないか?
まあ、パチんコ屋を取り締まるべきだな。
風が吹けば桶屋が儲かる、
あまりひどいようならパチんコ屋を取り締まる、
全取り締まりか?それとも1円パチんコなら許容するか?
状況に応じ、取り締まれば良い。
グレー戦ならグレー戦、
宣伝戦なら宣伝戦、
偽善戦なら偽善戦で受けて立つ。

Jリーグのアジア人+1枠とか廃止する。
やってはいけない一線を常に敵は踏み越えてる。
パチんコ屋とか関係で破産者も自さちゅ者も既に出過ぎている。

グレー戦で来るなら、それに応じ、取り締まりばかりでなく、違う部分で社会の正常化を図れば良い。
NHKだって、受信料を払ったら、カードで解除して映像しても良いし、低コスト化でNHK無しのテレビがあっても良い。
また、テレビ自体、子供の教育上、良いモノとは言えないかもしれない。
NHK3だけ、無料放送義務化するのを特権とのバーターにしても良い。あとはスクランブル砂嵐画面バレージだ。
甘ったれすぎ。ニンゲンとして。
グレー戦だ。
集団スパイ法は必要だが、そんなの関係無い低レベルのハナシだ。
低レベルの戦い
2017/05/20 09:21
A、戦前コミンテルンみたいな謀略のネットワーク連合が存在する。

B、主に動機付けは生活基盤、カネ、既得敗戦権益みたいなのと、洗脳脅迫恨みの複合体。

構成員。属性のすべてでは無く、属性で多い集団
A、プロ市民
B、在日工作員
少数だが、孫さんみたいに、私財投げ打つ海洋帝国派の大物も居ることを逆に強調したい。
石平さんみたいに、国士であるがゆえに寝返ってる?
寝返りとは言わないか。それも強調。
C、電通
反社会的集団
D、パチんコ屋
パチんコ屋も全員では無い。が、いっしょくたに攻撃しても良いくらいの別の意味での反社会集団の歴史実績も既にあり。
E、サヨク工作政党
F、マスゴミ
G、敗戦既得権益学者
東大とかも陥落してるのは、本当にゆゆしき事態だ。
一番深刻なのはここな気もする。
H、共産党だが実は共産党員一般では無い。
ヘッド自体もかたくなにばかなだけで、謀略度厨狂奸連携度は実はたいしたこと無いかも?
F、民進党
むしろ純粋に生活のために謀略に与しており、こっちのが100倍危険な気もする。人権侵害のいやがらせとかもひどい。メルトダウンだろうがなんだろうが、手段を選ばない感じが嫌。
G、マスゴミ


ただ、こうして見ると、実は、実数は少ないんじゃ?

そこ強く意識すべき。

マスゴミって、よく考えると、中世の貴族以上に
裏付けの無い特権が行ってる。
特権取るだけで問題解決じゃ?
容易じゃ無いが、時代変わって正気になれば、
まるでたいした問題じゃ無い。
なんなの?その特権?
裏付けと妥当性がゼロ。
なんで俺に放送権が無いのか?
明白な理由が一切、無い。我々の奴隷根性が利用されてると言い切って良い。
謀略破壊ネットワーク
2017/05/20 10:03
F、日教祖
子供のじさちゅが多いのは、これとダイレクトに関係してる。日教組も教育委員会も征伐対象になる。
これこそが急務。

ある意味、集団スパイ破壊工作防止法も必要だが、
防止法で機動隊とか、ある意味、ださいのだ。

直接、連続でニッ狂祖打撃に入るべきなのである。

A、常時ニッ狂祖討伐。
B、敵謀略人権侵害プロ市民活動目に余った段階でパチんコ屋取り締まり
C、長期的に、マスゴミ特権のはく奪、公平競争化。マスゴミテレビ自体の鎮静化、文化破壊の阻止、社会の正常化。

D、憲法論争なんかやめ、単なる非文化で良い

F、国会の正常化。仕事は仕事で、投票は投票で、
無駄なことをやめる。

G、行きすぎた少数派特権の廃止。どう輪も含む。

なんか怖い団体多すぎ。どうなってんだ?
むしろどう輪は連携分断を図るべき。
怖すぎるので。
創価学会も同様。連携分断を図り、その辺は敵主力と分断する。実は日本共産党もそれ。=厨奸では無い部分も大きいと見る。

討伐すべき敵主力は、ニッ狂祖とマスゴミ敗戦学者だ!

そこに絞って、状況見て、パチんコ取り締まりだ。
反社会的、ニッ狂祖
2017/05/20 10:17
A、教員免許取得母体の多様化

別コースを設けてやれば良い。
フィンランド的な師弟継続が理想。

B、問題は、や○ざレベルのいじめ、教員間いじめで
敵手が統制してること

これ、どーしようも無い。
この問題だけでも、なんか、ニホン社会極右化しそう・・・マジ。
ムッソリーニさんとかが出ると、一挙、ニッ狂祖を撃滅するだろう。
困るよなー。なんとかならないの?
ありえないでしょ?現実、現状。

C、思い切った私学への援助

D、公費補助による私学へ通う学生、高校生以下への学費補助

公立学校維持する費用と比べると、けっこう妥当性がある。
小中まで低位校まで私学中心まで持って行って良い。
ニッ狂祖の狂士じたい、自分の子弟は小学校から私学へ行かせてるのだから。
考えられること
2017/05/20 10:30
ネット検索したら、出てました!
孫子です。一発で出ます。

『上兵は謀を伐つ。其の次は交を伐つ。其の次は兵を伐つ。其の下は城を攻む。城を攻むるの法は已むを得ざるが為なり。』

「最上の戦い方は、敵の謀略、策謀を読んで無力化することであり、その次は、敵の同盟や友好関係を断ち切って孤立させることである。それができなければ、いよいよ敵と戦火を交えることになるが、その際に一番まずいのが敵の城を攻めることである。城攻めは、他に方策がない場合に仕方なく行う手段に過ぎない。」

A、尖閣紛争
B、先島政治工作
C、マスゴミ謀略宣伝

ヨナクニ、石垣、宮古に枠=ベース基地を設置するが
実体を見せない。
最小限の常時部隊とし、ローテ演習部隊の出し入れのみを激しくして、実体を見せない。
常時部隊も3基地とオキナワ奄美の間でローテさせ
実体を見せない。敵のプロ市民と現地サヨク政治勢力運動を空回りさせる。
空っぽの航空基地はあるのだが、実体が無い。
戦時には利用できるはずなのだが、実体は無い。
厨狂側で占領利用もできそうに見える。
が、それを決断した夕方には、対空戦車が偵察車付きで配備しているかもしれない。
>諜報、電子的観測と分析が大事

逆に孫子のアイデアに従ってみる。
謀略対策
2017/05/20 12:46
A、厨狂
B、厨狂地方軍閥
C、キタ
D、奸国反日
E、ニホン国内反日ネットワーク

敵の資金源、麻薬特に覚せい剤とパチんコ賭博を取り締まる。
キタへの圧力をばんばんトランプに掛けてもらう。
学会の懐柔。存続保障の代わりに破壊工作への協力を停止させる。
ニッ狂祖の資金源撃滅。
私学助成と私学子弟への学費補助。むしろ低位中高の学費補助を重視。ゆくゆくは低位小学校なども私学化視野。
ロシア極東との友好活動。
場合によっては、北方領土共同賭博場なども視野。
パチんコ賭博のライバルとなる健全範囲程度の賭博を本気で検討。公営ギャンブルの低テラ銭ネット化など。
よほど慎重にやるべきだが。
TOTOの低テラ銭化など。ピンハネ分減らして、配当増やす、って意味ね。

チャイナ、半島系のまともな海洋志向系のヒトたちの優遇により、分断、厨狂&半島反日勢力撃滅。
石平さんとか孫さんみたいなの優遇して、
それにより、敵手の心理的分断と撃滅を図る。
立ち直り機会を偏狭勢力打撃しながら、模索。

敵の分断、ってより単なる反社会的勢力なだけじゃん・・・孫子・・・いったいぜんたい・・・
次善の策、敵の分断
2017/05/20 13:00
キタを占領して普通選挙をやって民主化とか
偽善もはなはだしい。
有権者12%で天下を取れる民主主義?のシステムについては広く知られるところである。

同様に、大陸派兵なども愚の骨頂なのである。

策源打撃に徹底し、
場合によっては、オキナワを放棄し、餓島化させ
敵のリソースを徹底消耗させる。
プロ市民の量に応じ、選択すれば良いだけのハナシなのである。
台湾狂僭についても同様。
一時的救援して、即座に引き揚げる。
立体策源打撃、遊撃戦打撃に徹し、
城攻めをしてはならない。

むしろ、要所、こちらは要塞化し、
石垣ヨナクニなど、その要塞を敵に攻めさせる。
その要塞線を通って、台湾補給、救援を実施する。
キタ占領等は愚の骨頂
2017/05/20 13:07
進んで考察するなら、謀を逆用して、敵を討つ。

その場その場の謀を察知し、逆用する
カウンター、Disインフォメーション、
その企画力が大事となる。

例、ドローン察知迎撃=ステルス迎撃能力の誇示
>敵をステルス迎撃に注力させる、誘導させる、など。

例、
敵の企図:
ドローンなど変則で低コスト消耗戦による、浸透ゆさぶり企画

我の反撃:
>細かい低コスト低編成レベルでの駐屯と
実体隠し、台湾補給アリ輸送の態勢を見せる

謀略>敵にとってマイナスな反応
が引き起こしたと見ると、敵は、謀略に謀略を重ね
修正し、上役に対し、言いわけを試みる、
謀略の有効性を実証しなければならなくなり、
迷走を重ねることになる。

敵の謀略を察知した時、敵の意図と違う方向に反応し、
敵の謀略迷走を引き起こすと良い。

「ドローンとか飛ばしとんのかあ!」「いや、これは;」
上兵は謀を伐つ
2017/05/20 13:17
A、ドローンによる偵察
B、ドローンによる戦闘

ここに敵を誘導したい。ドローンがすごいはやってる。
厨獄では。民間で。ニホンではさほどでは無い。
マスゴミが騒いでるだけ

C、ニホンマスゴミがドローン重視してる
>補強材料
D、F15x2、AWACSが迎撃してキター!
>ニホンも重要視してる

ばかばかしいハナシなんだが・・・
これが実体、謀略のなれの果て、か?

釣り、釣り〜!

E、グローバルホークに対抗して、
無数のドローン浸透で対抗。これが遊撃戦。

釣り、釣り〜!

なんで、このような結論になるのか?
偵察手段よりも、それを判別するプログラムと情報旅団のニンゲン的能力の方が重大だと気づいていない。
なので、可能性自体が見えて無く、ハイテク過剰と判断し、ハイロー妥当戦略とドローン浸透を勘違いするわけ。まあ、外れても釣りだから、損は無い。ばかっぱなしで済む。
だが、敵はそうは行かない。
今度は回避できても、どこかで当たる。
犯罪者は犯罪者に弱いことを気付かない、と言ったところ。
反謀略誘導、もしくは釣り
2017/05/20 13:53
たとえば、レーザープリンターで迎撃弾生成とか
集金ペイが信じてしまう可能性がある。

これは90%冗談だが、まあ、歴史実績はあるね。

なので、埋伏将軍を逆用して、飼う方が面白い。
苛酷なハナシで妹はなんとか婦になっちゃうわけだが・・・

なかなか厳しい。

誰にもわからない。

2重スパイになってるのか?
誘導のための駒なのか?
指令を読まれる観察対象なのか?

完全に寝返って、こちらの将軍になって、
敵の指令を観察しながら戦闘するのか?

誰にもわからない。
俺にもわからない。
集金ペイには、もっとわからない。

コストと資金はけっこうかかる。
連絡役組織維持するだけでもかかる。

政治家マスゴミ学者など、
工作と脅迫と買収は常時化してることだけはわかる。
逆用できないことは無いと思う。
統計的に処理もできると思う。
ばかばかしいハナシだが・・・
2017/05/20 14:09

ただ、富士通で作ってた無人ヘリ偵察機より
ドローンのが良いとは、俺も思う。マジ。
その辺は、微妙なところ。
センスになる。
小隊ドローン操作兵とか、編成に入る感触があるんだと思う。

実際には、かなり精密な感触の誘導合戦があるんだと思う。
まあ、富士通無人ヘリ作ってた軍が何か言うようなハナシじゃあ無いけど・・・

極論すれば、コスト比考えると、ニンジャとドローンどっちが有効かよ?ってハナシも出るって言えば出る。
すべては相対で程度のハナシ、ってのがそれ。
なので誘導も程度と相対のハナシになる。

ふつう、コトバに誘導すれば、ぶれはでかくなって
ハイテク地獄に陥りやすい。

謀略宣伝重視ならば、コトバ重視でもある、金科玉条に陥りやすい、そういうことはあることはある。すなわち、

釣り、釣り〜!

ジェダイは居なくても、ヨーダは居なくても、
釣り師ならば、わんさか居るのだが。

がっはっはっはっは!

そ〜れ!
回れ〜!回れ〜!
謀略と釣り師
2017/05/20 14:10
2013年に5錯綜役所合併して作った。
ゆえに攻勢拡大により、各セクトをまとめ上げてると見られる。
漁業局などは、漁民の援助金で海上民兵なども雇ってるのだろう。たぶん、最近、漁船の燃料油が足りないか、
多少、漁業資源回復して、漁業やってるか、廃業したか、漁船の整備が落ちて出動できないか、あまり出てないのか?報道され無いだけなのか?

いずれにせよ、ばかげた大拡張計画をやってる。
準海軍と言う、稼働率出せる身の丈海軍くらいの
位置付けなのかもしれない。

計画
1200tx20,5000tx20,3000tx20,なんだかx20、
とにかくx20、その他いろいろx20

どこまでやるのかわからないが、
無計画な拡張っぽく、誘導する餌を与えて
損は無い感じだ。
ドローン偵察、とても良いと思う。
釣り師の出番だ。

そして、新DEの目標に困ることは無さそうだ。
が、それは戦争だ。
中国海警局
2017/05/20 15:27
1200では無く12000tの間違い。
実質は、これが準海軍稼働主力、非対称戦海上戦の主力、けっこう本気なんだと思う。

満載1.2万トン海警艦x20計画、うちx2投入済み
76mm速射砲x1、30mmリモコン機関砲x2、連装機関銃x2
ヘリx2搭載、速力25ノット

実際には、厨獄社会程度だと、これが稼働の実戦艦だとわかる。海軍のは一発整備動員艦だ。
ばかにするのが目的では無い。
むしろこちらも新DEで実質稼働優先にすべきなのだ。
ちょっとバランス崩れれば、バカにしてる方が足すくわれるよ。歴史はそれの繰り返し。

とは言え、現状は、

ヘリのみ運用哨戒艦

ってのが多数、別にある。
いかに海上でヘリ運用するのが大変か?
それが現実で、我々シロートはそれを知らない。
ある意味、海警隊は本気で取り組んでるのかもしれない。
ならば、海軍のは、やってるふり、張り子の虎だ。
それに怒り、違う方法論を模索してるのかもしれない。
ドローンも本気も本気、ってとこだろう。
確かに、バカ高い富士通無人ヘリよりは、2000倍くらい有用な気もしないでは無い。マジ。

とにかく餌を投下して、海警隊をプッシュしても良いとは思う。
そのぶんこっちも陸自ヨナクニ守備隊も必要になるかもしれないが、それはそれ。
それはいずれにせよ、有用。
特に枠、基地ベースがあること自体が有用。


戦闘主力艦
2017/05/20 15:41
案外に統合軍のセンサーみたいな部隊

通信情報収集小隊
与那国沿岸監視隊 隊本部
警備小隊
レーダー班
監視班
後方支援隊

第322基地通信中隊 与那国派遣隊
第442会計隊
警務隊 与那国連絡班

小さいながらも二佐が指揮する、守備情報中隊みたいになっている。
ある程度の通信情報電波情報等の分析能力もあると見る。
戦時接近時には、守備戦闘団の増援を受けるのだろう。
旧軍の孤島守備の小部隊とはまったく違う性質の部隊だと思う。
太平洋軍統合軍両司令官が視察したのは、その意味を部隊内に広く表明する意義も大きかったのだろう。

実際、増援増強する受け入れベース基地はあるわけで、
そのタイミングを専門で測れる部隊なのだと思う。

この部隊のリードに応じ、石垣宮古島、さらにはオキナワも増強するわけで、思った以上に重要な部隊なようだ。

実際、台湾にものすごい近い。
そこをあえて、軽く、虚、で守り、戦闘開始時には
精鋭で補強され待ち受けることになるのだと思う。
ヨナクニ守備隊
2017/05/28 13:12
敵との軍略、駆け引き、心理戦と言う意味でも、

A、厨狂が尖閣を突っつく

その反応が、

B、ヨナクニ、宮古、石垣の強化。
特に質的な強化、時間的情報的な意味も含む立体防衛化。

敵にとっては、やぶをつついたら蛇が出た、
状態であって、ニホンの世論工作とか扇動とか
考えていたんだろうが、肩透かしされて、
いちばん困る急所を変な風に突つかれてる。

さすがのプロ市民工作員も、ヨナクニに大量張りつきしにくい。
それこそ、いったいぜんたい厨狂の工作員?
なのがばれすぎる。逆効果になりかねない。

C、石垣、宮古は、我に取って策源でもあるのだが、
ヨナクニは、保持すること自体に非常に意味のある地点。それを虚とし空城とし、実は情報部隊の実を入れている。台湾戦時には、台湾補給と生存のカギになる地点となる。
          ★下地
      ★石垣 ★宮古
  どこか生き残れば機能する分散策源
☆ヨナクニ
保持することに意味のある地理的重要点
虚 であるが情報部隊の実の触角を入れる。

局地戦的には、こんな意味になると思う。
最高の反応か?
2017/05/28 13:21
そこそこな空港が1つ。

結局、オスプレイ、チヌークとは、たとえば台湾戦で、
生き残り主要空港のソーティー数を使わないでも輸送できる、って面も大きい。

               ↓C2、C130
◎台湾 <オスプレイチヌーク ★ヨナクニ

小港湾が2つ 守備隊補給用
実戦となると、どういう展開になるかわからない。
ショアtoショアで大発、だってありうる。
実際、台湾に上陸橋頭堡をそういう方式で作ることは可能。あまり無いだろうが、民間物資含め小船舶補給はありうる。難民受け入れは微妙な問題。
邦人退避はおおいにありうる。
国家存亡の戦時なので、輸送機のソーティーの割り当てなんて無いだろう。
こちらで物資運びこんで帰路で邦人退避、などだ。

海路補給はヨナクニ近海を通るので、
警戒小艦艇の寄港、警備艇の活動拠点その他、
使い勝手は色々あるだろう。

敵の強襲作戦は要注意だ。

紛争を拡大させて、台湾作戦のプレリュードとして
やってくる可能性さえ、あると思う。
ヨナクニの地勢
2017/05/28 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
中共ドローン、尖閣領空侵犯 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる