希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 海保、領空侵犯にも対処

<<   作成日時 : 2017/07/31 22:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 8

「海保、領空侵犯にも対処」

 尖閣諸島周辺(領海及び接続水域)を遊弋する中共海警局の船舶から発進する小型無人機(ドローン)やヘリコプターに対して航空自衛隊戦闘機が緊急発進で対処していたのでは間に合わないし非効率だ。同諸島周辺で警戒監視任務に当たっている海上保安庁の巡視船に対処させるべきだと、当ブログで指摘してきたが、31日付産経新聞によると、政府は対領空侵犯措置を海保に補完させることを検討し始めたようだ。

 [尖閣 中国ドローン阻止
 巡視船に電波妨害装置 政府検討
 政府が、小型無人機「ドローン」による領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載しドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが30日、分かった。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。航空自衛隊が担ってきた対領空侵犯措置を海保が補完するもので、法的根拠も整理する。

 5月に領空侵犯したドローンは、尖閣周辺の領海に侵入した中国海警局の船の近くを飛行しているのを海保の巡視船が発見。尖閣周辺でドローンの飛行が確認されたのは、初めてだった。
 海保から連絡を受けた空自のF15戦闘機が緊急発進(スクランブル)で対応したが、小型のドローンはF15などのレーダーに映らず、パイロットが目視もできないためスクランブル対応を疑問視する声が多い。
 そのため、政府は海保にドローンに対処する能力を保有させる方向で検討に着手し、電波妨害装置の導入が有力になった。
 ドローンは電波で遠隔操作されるため、その電波を妨害することで飛行を不能にする。
 海保の巡視船は尖閣周辺を航行する中国海警局の船を常時監視しており、船からドローンが飛行すれば即座に対処できる利点が大きい。
 電波妨害装置は一式につき数億円のものが想定されている。ドローンの飛行阻止に有効化機能を検証するため、先行的に試験導入することも視野に入れる。

 海保、領空侵犯にも対処
 海上保安庁が中国の小型無人機「ドローン」の領空侵犯に対処する電波妨害装置を導入すれば、海保にとって初の対空装備となる。海保が「領空警備」にも任務の幅を広げることは主権を死守する上で効率的で、航空自衛隊が担ってきた対領空侵犯措置の大転換と位置づけられる。
 自衛隊法は領空侵犯への対処について、「防衛相が自衛隊部隊」に侵犯機を着陸させたり領空から退去させたりするため必要な措置を講じさせると規定。空自戦闘機が領空侵犯やその恐れのある領空接近に緊急発進(スクランブル)で対処する。ただ、ドローンへのスクランブルは実効的な対処とはいえない。
 パイロットが搭乗する航空機の領空侵犯に対しては、空自戦闘機は強制着陸命令や曳光弾を発射する警告射撃を行うが、無人機のドローンに効果はない。時速1千`超の戦闘機が時速数十`のドローンを追尾することも不可能。中国海警局の船に強制着陸を命令しても従うとは限らない。
 自衛隊幹部は「ほかに手段がないという理由だけで、ドローンに対する『航空警察』の役割を空自に担わせることは無意味だ」と指摘。一方、尖閣周辺での海警局の船による領海侵入と同じように、中国がドローンを使った領空侵犯を常態化させる恐れも強い。
 有事とも平時ともいえないグレーゾーン事態への対処では自衛隊と海保の任務の隙間を埋めることが欠かせず、電波妨害装置の導入は先行事例となり得る。 (半沢尚久、川端仁志)]
画像

 海保に尖閣諸島領空を侵犯する中共ドローンに対処させるのは当然だし、巡視船に電波妨害装置を装備させるのは良いアイデアだと思う。ただ、記事には中共ヘリコプターについての言及が一切ないのが不可解だ。
 中共が尖閣周辺の海警局の船からヘリコプターを発進させて領空を侵犯するのは時間の問題と考える。これに対して、那覇基地から戦闘機が緊急発進しても到底間に合わないし、速度の遅いヘリコプターに戦闘機で対処するのは無理だ。海保の巡視船に対処させるほかない。
 巡視船が尖閣領空に接近する外国ヘリコプターを発見した場合には、無線による警告を実施、領空侵犯した場合には巡視船搭載の機関砲による警告射撃が行えるように法律を整備すべきだ。さらに、中共ヘリコプターやドローンによる領空侵犯が続くようであれば、撃墜も可能とすべきだろう。
画像

 話は変わるが、北朝鮮がICBM(「火星14」)を発射したことを受け30日、米空軍のB‐1B戦略爆撃機2機と航空自衛隊の築城基地所属のF‐2戦闘機2機が九州西方から朝鮮半島沖の空域で共同訓練を実施したという。
 B‐1Bはグアム・アンダーセン空軍基地から飛来。「28日深夜の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射から2日後という早さで圧力強化の継続を示す具体的行動に出た」(31日付産経新聞)というが、一時的な行動では意味がない。北朝鮮に対して継続して軍事圧力を加え、北朝鮮軍を疲弊させなくてはならない。 

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ローレベル電子戦ってのも良いと思います。

そーいうことやるのに遠慮は無用と思います。

ウヨク的感情論では無く、
敵の浸透戦術に、将来的には危険な要素も含むことを
確認しつつありますので、
これは、断固としてソフトキルで非常に良いアイデアと存じます。
いいと思います
2017/08/01 02:48
それも同感です。

杞憂で無く、海警隊自体、ヘリポート専用艦みたいのを揃えつつあります。
厨狂海軍のヘリ運用能力が低い証左とバカにしてると大変な事態も将来ありえます。

なんだかわからんのですが、
将来の戦略の巾として、敵さんは、
ローテクでグレーゾーンな難民ボートピープル人道サヨク的な次元も含めた
奇想天外で創造的?な作戦も駆使してくる可能性があります。

海警隊のグレーゾーン消耗戦ヘリ運用を警戒するにじゅうぶんな理由があります。

敵の作戦利用が読み切れないからこそ、警戒すべきです。
悪い意味で、曹操と諸葛孔明と毛沢東を排出してる国なのです。
その奇想天外でローテクで単純なアイデアのパンチ力は、
我らが発想する次元をはるかに超えてる歴史実績はあります。
警戒すべきです。
それと野蛮性を同時に並立させた作戦を実施できる国民性があるのです。

次に来るなら、元寇みたいなハイテク総力戦では来ません。敵は。
ローテクで奇想天外な長期消耗戦で来ます。
ヘリj警戒
2017/08/01 02:55
敵、厨狂等は、ローテク戦、量を生かした戦いに長所を持ちます。
人口も多いし、社会的にも質は弱くても量は多いのです。

どこかの時点で、ローテク戦に持ち込むための
ハイローミックス、そのようにカジを切って来ると思います。
ローテク消耗長期戦なら負けます。
海があるのが救いです。

なので我は、

A、浸透消耗戦、量的優勢を生かすローテク戦に持ち込まれるのを防ぐため、
AR1、浸透を許さない前縁と水際で断固戦う。
AR2、けっこう困難。
難民と人道心理戦、長期グレーゾーン消耗戦併用で敵は仕掛けて来る。

AR3、グレーゾーンでの戦闘力を上げるため、
より汎用性、長期消耗戦に耐えるコスト性が重大になる。

BR、自衛隊はより、低強度戦争に耐えうる汎用性低コスト運用性兵站性が必要になる。
BR1、MCV、近接戦闘車など、低高両方の強度戦で戦える装備、部隊
BR2、新DEのような低兵站運用可能装備、部隊

CR、海保は逆に、戦闘出来る装備、部隊編成、
戦闘できる汎用性確保。
CR1、たとえば今回の対ドローンの低強度戦電子戦装備
それを平時に実行できる態勢と覚悟
CR2、主の言うように、平時ヘリ浸透戦への備え

等々。
自衛隊はより低強度戦対応力、汎用性を
海保はより高強度な実戦対応、汎用性を
それぞれスキマ、ギャップを埋める準備が必要。
我の方針
2017/08/01 03:15
将来的には、ボートピープル難民、人道心理戦併用の高いに持ち込んで来る可能性が高いです。

今日の時点で断固、覚悟を示した方が良いです。
難民戦は、けっこう地獄になると思います。
弱みを見せると、いちばんいやな次元の戦いでぐいぐい来ますよ。
状況が変わるのを待っているのです。敵は。
状況変わればがんがん来ますよ。
今日、断固として準備対応すれば、その意図をくじくことができます。
最初の段階で弱みを見せると
2017/08/01 03:19
敵さん厨狂等のROM專の方々にもちょっと警告したいです。

ニホンは、なんか挫折が重大警告事件が起きると
一気手のひら返しする可能性は強いです。

何億人来ようが、水際でえんえんと機関銃で大量銃殺するような未来だって実際ありえます。
それがニホン人です。

私はそういう事態を避けたいわけであって、
ずるずる甘い見通しで、双方、そういう事態に突入するのは避けるべきです。

R、そのような残酷事態を避けるため、
先んじて、沿海域を打撃し続ける倭寇事態もありうる。

R2、あまり調子に乗るべきでは無い。
警告した。
俺の意思では無く、歴史を読んでそういうことがありうる、と言うこと。歴史は繰り返すから。
敵の読み違え
2017/08/01 03:25
P、善悪を主張する気は一切無い。

A、が、実際には歴史において寝た子を起こしてるのは毎回厨獄。
B、蛮族と見て軽く見ているのだろうが、
しっぺ返しの被害はでかい。
C、同様に大陸の手先となった時、大変な反撃が半島にも行っている。

D、いちばん重大な被害は、むしろ、倭寇。
戦前の日中戦争では無い。
これは元寇への深層心理的反撃。

E、そちらから見れば逆切れに近いだろうが、
明治維新時の東アジアネットワーク防衛の提案を
軽く鼻で笑い一蹴したのはまずかったと思う。

F、ニホン人の逆切れ野蛮化好戦性はすさまじい。

善悪を論じる気はまったく無い。論争する必要も無い。
が、完全に今回は寝た子を起こすモードに突入しつつある。
どちらにせよ、大陸にとって益はまったく無い。
そして考えるより毎回ニホンはとても強い。
上に今回は米と組んでいる。
ある意味、これは、究極の悪の共謀だ。
共謀と言うより、その本質は凶暴だ。
みんな誤解してる。
気を付けた方が良いと思う。
寝た子を起こしてるのは厨獄
2017/08/01 03:43
A、正直、直感的にすなおに見返してみれば、
厨獄や半島のおもちゃっぽい兵器の数々より、
B1とF2の写真の方が、
本質的なまがまがしさに満ちている。

しかもこれは、米日の最高のまがまがしさでは無い。

B、厨奸キタ自分らは核兵器で悪の権化になった気でいても、
最初の2発で民間無差別核攻撃を実験でやってしまう
米国のプルートのまがまがしきカタチを見よ。

C、最初の頃から、米国は核の撃ち合いで60%やられて
敵を全滅させて残存する戦略を打ち出している。
その野蛮性は想像を絶する。
米厨核応酬でも露も打撃するような思想は、
そもそも入っている。
ICBMとは限らない。

D、冷戦初期に機甲兵力劣勢の時代、
戦術核兵器を欧州全般に破裂させて
消耗させる戦略を米は持っていた。
それは中立国のスイスまでをも含んでいた。
その発想は強度に事実で野蛮だ。

E、大変に危険なことを、キタ厨露奸国はしている可能性がある。

F、米国の発想は一気昇天して終わり、と言うモノでは無い。相互確証破壊のコトバにだまされてる気がする。
今回
2017/08/01 04:08

G、米国にとっての相互確証破壊とは、
敵を冷戦で倒すための過剰核軍備への敵の誘引。
本気にしてると大変な誤算になりますよ。

H、キタの狙いは、米国に買収してもらって同盟国になることを夢見てるのだろうが、奸国が厨狂側に完全にならないとそれは難しい上に、
同盟者として、核装備キタ朝鮮ってのを米国は好まない。

I、細かいところを読みながら、謀略で渡り歩くつもりなのだろうが、厨獄は、到底成功するとは思えない。
意図が読まれて無いと感じるのは、
そんなの読む必要も無く、収束すると処理されているからにすぎない。

J、直接に沿岸侵略したり、半島属国する必要は無い。
経済侵略、中間品で縛りあげても良い。
アヘンの代わりにインターネッツと米国式西洋かぶれ価値観でも良い。
取り締まっても無駄。

歴史は繰り返す、と言うやつ。
拡大するほどむしろ厨獄は弱くなる傾向はある。
身から出たサビ、と言ったところ。

悪ぶってみても、悪魔度がまるで違う。
ほんとの悪魔とけんかする暴力団のあわれさ、と言ったところ。
裸になって土下座して泣いてあやまるのが落ち。
米国は本当の悪魔だ。
大天使の俺が言うのだから間違い無い。
やめておいた方が良い。
本当の悪魔は誰か?
2017/08/01 04:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
海保、領空侵犯にも対処 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる