楽天、大久保監督就任に疑問

「楽天、大久保監督就任に疑問」

 根っからの巨人ファンで他球団のことには殆ど関心がないが、東北楽天ゴールデンイーグルスの新監督に大久保博元氏が就任したことには大きな疑問を感じざるを得ない。大久保氏があまりにも問題の多い人物だからだ。

 周知の通り、大久保氏は水戸商業高校卒業後、ドラフト1位で西武ライオンズに入団した。その後、巨人に移籍し、一時大いに活躍。引退後は「デーブ大久保」の名でタレント活動などを行っていた。
 彼の行動が問題視されるようになるのはこの後だ。長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督が倒れた時、面会謝絶にもかかわらず強引に見舞いに行き、長嶋家及び巨人軍から総好かんを食らい以後、巨人軍OB会から出入り禁止となる。
 また、西武の二軍コーチ時代には、菊池雄星選手を殴り、西武から追放される。さらには、知人女性を暴行し、傷害罪で略式起訴され、罰金判決を受ける。
画像

 これほど問題の多い人物ならプロ野球界から永久追放されても不思議はないが、何故か楽天が二軍コーチとして雇う。理由は定かではないが、噂によるとオーナーの三木谷浩史氏と大久保氏が個人的に親しいとのことだ。
 しかし、オーナーと親しいとの理由でコーチ(注:2年目からは二軍監督)になった暴行傷害犯から指導を受ける選手はたまったものではない。案の定というか、柿澤貴裕選手が“しごき”に遭って殺されかけた。

 それにしても、2球団から追放、傷害で有罪判決を受けた人物が監督に起用されるのは前代未聞だ。実際、大久保氏の監督就任の情報が流れると、一部楽天ファンの間で「就任反対」の署名活動まで行われた。コアなファンほど大久保氏への反発は強いようだ。
 このような動きは、球団も把握しているはずだ。人気商売であるプロ野球、一部とはいえファンから強い反発を受けている人物を監督に起用することに問題があるとは考えなかったのだろうか。立花陽三社長をはじめ球団首脳陣は、大久保氏の監督就任に反対だった、との話が漏れ伝わっているが、本当のところは分からない。ただ、昨日の就任会見での立花社長の泣き出しそうな表情(上写真)を見ると、話は本当かもしれない。

 だとすると、大久保氏を起用した三木谷氏の考えが分からない。「親しい」との理由だけでこれほどの問題児を監督に起用するものだろうか。そこで想像されるのが次のようなシナリオだ。
 まず、大久保監督に反発した熱心なファンが離れる。球団首脳陣やコーチ、選手たちと監督の間もギクシャクする。モチベーションの下がったチームは来シーズン最下位独走。さらなるファン離れが起き、球団経営が苦しくなる。そこで三木谷氏が「球団を手放す」と発表する。本来なら楽天ファンから大反発を受けるが、すでに熱心なファンは離れているので、大した混乱もなく球団を売ることが出来る。
 ひょっとすると、すでに三木谷氏は球団経営に魅力を感じていないのかもしれない。早く手放したいと考えているのかもしれない。その際、出来るだけ混乱を小さく収める方策として、大久保監督の起用を思いついたのかもしれない。
 あくまで想像だが、そう考えるしか謎だらけの大久保氏の監督就任を理解することが出来ない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック