希典のひとりごとのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山口県に宇宙監視レーダー配備

<<   作成日時 : 2017/11/04 21:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

「山口県に宇宙監視レーダー配備」

 4日付産経新聞によると、防衛省は宇宙ゴミなどを監視する専用レーダーを山口県の自衛隊施設に配備するという。
 [山口に宇宙監視レーダー
 中国の衛星破壊兵器に対策 防衛省、月内にも地元打診
 防衛省が、日本の人工衛星の運用を妨害する中国の衛星破壊兵器や宇宙ごみ(スペースデブリ)を監視する航空自衛隊初の専用レーダーを山口県に配備することが3日、分かった。既存の自衛隊施設に設置する方針で、今月中にも地元自治体に正式に打診する。レーダーの情報をもとに衛星の軌道変更などの対策を検討する分析部門は都内の空自基地か防衛省本省に配置することを検討している。
 防衛省は平成30年度予算案概算要求に宇宙監視システムの設計費として44億円を計上しており、35年度からの運用を目指す。
 山口県にレーダーを配備するのは、赤道上空3万6千`を1日で周回し、見かけ上は常に空の同じ場所に位置している静止軌道帯の通信衛星などについて、周辺を監視することに適しているためだ。
 候補地については、周辺に住宅が少なく、レーダーによる電波干渉の影響もない場所にあり、新たに土地を取得する必要のない自衛隊施設を選んだ。防衛省は近く住民説明会も開く。
 衛星破壊兵器やデブリが衝突する恐れがある場合、衛星の軌道を変えて回避しなければならない。現状では宇宙航空研究開発機構(JAXA)が日本宇宙フォーラムから収集データの提供を受け、軌道変更などの対策を講じている。空自はレーダーで得たデータをJAXAと共有し、対応策の検討でも連携する。
 宇宙監視分野では米軍が先行しており、空自は米軍とも情報を共有する。それを踏まえ、分析部門を空自と米軍が共同で使用している横田基地(東京都)に配置する案もある。北朝鮮の弾道ミサイル発射の警戒など人工衛星は安全保障上の重要性が高まる一方、中国は衛星破壊兵器の開発を進め、日本の衛星が攻撃される恐れが強まっている。]
画像

 記事には、宇宙監視レーダーの配備場所について具体的に書かれていないが、山口県内の自衛隊施設で、且つ「周辺に住宅地が少なく、レーダーによる電波干渉の影響もない場所」となると、同県萩市沖の見島にある航空自衛隊見島分屯地が適しているのではないかと思われる。同分屯地には第17警戒隊が所在する。
 ただ、衛星破壊兵器や宇宙ゴミの監視の重要性は分かるが、人もカネもない自衛隊が担当することが適切かどうか。空自はスクランブルや弾道ミサイルに対する警戒監視で手一杯のはずだ。JAXAに任せられないのだろうか?
 また、衛星破壊兵器や宇宙ゴミへの対応は国際的な課題のはずだ。欧米各国と連携して、国際的な監視網の構築が必要と思われる。

 話は変わるが、10月25日付当ブログで、宮古島駐屯地の建設工事が年明けにも始まる、とする琉球新報電子版の記事を紹介したが、4日付産経新聞によると、防衛省は年内に着工する方針を固めたという。
 [宮古島駐屯地 年内着工
 陸自警備隊 30年度末の配備に向け
 防衛省は3日、沖縄県の宮古島(宮古島市)への陸上自衛隊警備部隊・ミサイル部隊の配備計画をめぐり、年内に駐屯地の建設工事に着手する方針を固めた。
 平成30年度末の警備部隊配備に向け、31年2月末までの完成を目指す。昨年3月の同県与那国島(与那国町)への陸自沿岸監視隊配備に続くもので、宮古島では初の実戦部隊の拠点となる。同省は、ミサイル部隊配備をめぐる地元地権者との調整も急ぎ、中国の軍事的脅威に備えた南西防衛の強化を図る。
 宮古島陸自駐屯地をめぐっては当初、今夏にも着工する計画だった。建設予定地の全地権者との売買・賃貸契約が遅れていたが、10月上旬に契約の締結を終えた。
 沖縄本島より西は陸自が配備されていない防衛の空白地帯だった。このため防衛省は、与那国島に沿岸監視隊を配置したのに続き、離島侵攻や災害時に初動対処にあたる警備隊と、地対空・地対艦ミサイルの部隊を宮古島と石垣島(石垣市)にそれぞれ置く計画を進めている。]
画像

 地元の反対で頓挫した弾薬庫の配置場所について、地元との調整が進んでいるのか否か、記事には言及がないので進捗状況が不明だが、防衛省は、とにもかくにも警備部隊については平成30年度末としている配備時期を厳守する積りのようだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
陸自北方西方連接演習がまたあったみたいです。
九州で実施。

A、戦時、戦時近い時点で、北方集団を南方にスイング

B、事前緊急張り付け増強守備部隊とする

C、多少重ったるい従前型張り付け型の迎撃部隊とする

どうやらそういう構想なようです。
ある程度、重装部隊でも良い、と言うことになります。
現地の弾薬燃料整備部品、兵站蓄積が重要になります。
まあ、それも、有事状況でも急速蓄積できますが。

新型機動部隊とは別の
少々重たいイメージのスイング守備迎撃部隊になります。
今や北方集団も張り付け迎撃旧型重装高兵站必要部隊で、ちょっと旧式な思想の背景もありますが、
えんえんと練度を上げて来たので、
あまたの兵站的障壁も乗り越え、
案外に威力発揮できる使い方もできる、と見ます。

直感的に言うと、

A、オキナワ本島に拘置。
その分、機動部隊、島しょ戦軽歩兵旅団は他方前線へ進出

B、オキナワ本島に兵站物資蓄積

C、敵が迂回して本島攻めた場合、第7師団が海岸方面へ迎撃して決戦

じゅうぶんやれると思います。
得意の張り付け重装迎撃に持ち込めるでしょう。
もしくは抑止で敵が侵攻を断念するでしょう。
別に新型機動部隊があるので、
事前スイング旧式重装張り付け部隊は、
それ専門に得意なことだけ出来るのが大きいです。
第7師団の迎撃
2017/11/05 12:00
A、混成大隊、地対艦M中隊、地対空中SAM中隊を
確地に配備
B、戦時にはそれを急増強
C、余裕なければ、機動連隊で増強
D、余裕あれば、消耗戦を前提に旧式部隊を使いたい
また、オプションとして旧式部隊配備、
ある程度、軍事的な構想としては消耗戦も前提とする。

E、旧型事前配備張り付け迎撃部隊、
旧型なのである程度、消耗戦
装備の消耗は覚悟、人員はなるべく生き残らせて
新型装備で消耗を補充、
消耗戦を前提に一気、

第7師団を

A、ベトナム防衛 =シンガポール防衛でもある。
B、フィリピン防衛
C、台湾防衛 シンガポールは台湾防衛に意欲を持つ

一気投入する選択枝が未来には生じて来る。

敵にとっては、かなり厄介な事態となる。
早めに配備すれば、侵攻作戦中止もありうる。
消耗戦
2017/11/05 12:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
山口県に宇宙監視レーダー配備 希典のひとりごとのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる